体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

躍動する街、クアラルンプールで行きたい観光スポット7選

LCC(格安航空会社)の就航により、ぐっと身近になったマレーシアの首都・クアラルンプール。年々進化を続けるエネルギッシュな街で訪れたい観光スポット7つをご紹介します。

ペトロナス・ツインタワー

躍動する街、クアラルンプールで行きたい観光スポット7選
大都市・クアラルンプールのシンボルが、ペトロナス・ツインタワー。「ペトロナス」とは、マレーシア国営の石油会社のこと。高さ452メートルの高層ビルで、1998年の完成から2003年までは世界で最も高いビルとして、その名をとどろかせていました。

躍動する街、クアラルンプールで行きたい観光スポット7選
(C) Haruna Akamatsu

ペトロナス・ツインタワーの下にある巨大ショッピングセンター、「スリアKLCC」地上階の屋外広場からは、間近に迫るツインタワーの眺めを楽しむことができます。

躍動する街、クアラルンプールで行きたい観光スポット7選
夜空に輝くツインタワーも幻想的。ツインタワーに隣接するビルの57階にあるレストランバー「マリニーズ・オン・フィフティセブン」や、トレーダース・ホテル・クアラルンプール33階の「スカイバー」などから、ツインタワーを眺めながら大人の時間を過ごしてみるのもいいですね。

国立モスク(マスジッド・ヌガラ)

躍動する街、クアラルンプールで行きたい観光スポット7選
1965年に建てられたマレーシア最大級のモスクで、開いた傘のような屋根をもつ現代的なデザインが特徴。広大な敷地にゆったりと配置された空間は、外の喧噪から隔絶された別世界。

建物は、細部にいたるまでイスラム美術を取り入れた装飾が施されていて、モダンな中にもエキゾチックな香りが感じられます。

躍動する街、クアラルンプールで行きたい観光スポット7選
(C) Haruna Akamatsu

礼拝堂内部にはイスラム教徒しか入れませんが、廊下から礼拝堂の見学が可能です。女性は身体を覆うローブの着用が必須ですが、カウンターで無料で貸し出してくれるのでご安心を。せっかくクアラルンプールに行くなら、日本ではなかなか触れることのないイスラム文化を体感してみましょう。

マレーシア・イスラム美術館

躍動する街、クアラルンプールで行きたい観光スポット7選
(C) Haruna Akamatsu

国立モスクからほど近いところに、マレーシア・イスラム美術館があります。オスマン様式のタイルで彩られた建物の内部には、世界中のイスラムの国々から集めた美術品や工芸品、生活用品などがぎっしりと詰まっています。繊細な美意識で細部までつくり込まれたイスラム芸術に、きっと心奪われるはず。

躍動する街、クアラルンプールで行きたい観光スポット7選
(C) Haruna Akamatsu

館内には中東料理が楽しめるおしゃれなレストラン「ミュージアム・カフェ」もあり、選べるメインに、野菜がたっぷり摂れる前菜のビュッフェが付くランチコースがおすすめ。物価の安いマレーシアにしてはやや値段が張りますが、洗練された空間で優雅に食事を楽しみたいときにぴったりです。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会