ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

KDDI研究所、スマートフォンを探索し自動で充電する自律走行ロボット「充電ロボ」を開発、3月24~26日まで展示

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
KDDI 研究所は 3 月 16 日、デスク上のスマートフォンを探索・接近し、自動的に充電するロボット「充電ロボ」のプロトタイプを開発したと発表しました。「充電ロボ」は、Raspberry Pi Zero のマイコンボードを搭載した自律走行ロボットで、本体に搭載したカメラと距離計測用センサーを駆使して障害物を避け、スマートフォンの USB ポートを探し接近して充電します。それだけではなく、充電完了後は USB ポートとの接続を解除し、お掃除ロボットのように充電ロボ用の充電ステーションに帰還。本体のバッテリーを充電します。仕事で忙しい時にはスマートフォンを充電することすら忘れてしまい、スマートフォンをいざ使おうとするとバッテリー切れとなっていることがあります。そうなることを防止できるので充電ロボは便利だと思いますが、急速充電やモバイルバッテリーが普及している現代において、充電を忘れた時のめに高額なロボットが必要だとは思えません。勝手に充電してくれること自体は良いアイデアだと思います。なお、充電ロボは Google 主催のアイデアコンペ「Android Experiments OBJECT」の特別賞を受賞した作品で、3 月 24 日 ~ 26 日まで二子玉川の蔦谷家電 2 階の展示イベント「Android Experiments OBJECT」で展示されます。Source : KDDI 研究所

■関連記事
YouTubeのモバイルライブストリーミング機能がチャンネル登録者数1,000以上に緩和された模様
国内のGoogle Playストアで電子書籍の「新生活応援特大セール」と映画の「春の映画セール」がスタート
シネックス、Android Autoが自動的に起動するMoto Mods「ビークルドック」を国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。