ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

T・マリック監督最新作からライアン・ゴズリングxリッキ・リーのデュエット映像解禁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
T・マリック監督最新作からライアン・ゴズリングxリッキ・リーのデュエット映像解禁

 【アカデミー賞】6冠を達成したミュージカル『ラ・ラ・ランド』で才能あるジャズ・ピアニストを演じたライアン・ゴズリングの新作映画の最新映像が届いた。

 2017年3月10日(現地時間)に【SXSW 2017】映画祭のオープニング作品として上映された巨匠テレンス・マリック監督の最新作『ソング・トゥ・ソング(原題)』で、売れないソングライターを演じているゴズリング。米ビルボードが入手した独占映像では、カシオのキーボードを弾くゴズリングと、スウェーデン人シンガー・ソングライターのリッキ・リーが親密そうにデュエットを披露している姿が描かれている。恋人役を演じているリーにとっては映画初出演となる。

 3月17日にニューヨークとロサンゼルスで公開予定の『ソング・トゥ・ソング』は、米テキサス州オースティンのミュージック・シーンが背景のラブストーリー。売れないソングライターのBV(ゴズリング)とフェイ(ルーニー・マーラ)、パーティー三昧の大物プロデューサー、クック(マイケル・ファスベンダー)と彼の妻になるウェイトレス、ロンダ(ナタリー・ポートマン)の二組のカップルのもつれた関係を描き出す。

 マリックは詩情豊かな美しい映像が印象的な70年代の『地獄の逃避行』や『天国の日々』、そして【アカデミー賞】監督賞にノミネートされた『シン・レッド・ライン』や『ツリー・オブ・ライフ』などの作品で知られる鬼才。9作目の長編監督作となるこの映画は実際にオースティンのミュージック・フェスティバルでもロケが敢行された。パティ・スミス、イギー・ポップ、ジョン・ライドン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ブラック・リップスなどのアーティストがカメオ出演している。

◎デュエット映像
https://goo.gl/IPNZz8

関連記事リンク(外部サイト)

リッキ・リー、音楽プロデューサーの夫と2人で赤ん坊に聞かせる歌が素晴らしすぎる
リッキ・リー、終末期を思わせる「ガンショット」のMVを公開
『ラ・ラ・ランド』がライブ公演に、オスカー受賞の映画作曲家J・ハーウィッツが指揮

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。