ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

シネックス、Motorolaの新型スマートフォン「Moto G5」「Moto G5 Plus」を3月31日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シネックスインフォテックは 3 月 16 日、Motorola の新ミッドレンジスマートフォン「Moto G5」と「Moto G5 Plus」を国内で 3 月 31 日に発売すると発表しました。Moto G5 シリーズは国内では SIM ロックフリーモデルとして展開され、本日 3 月 16 日より予約受付が行われます。国内で発売される Moto G5 シリーズはどちらもデュアル SIM 版ですが、Moto G5 の方は夏以降にデュアル SIM に対応します。一方、Moto G5 Plus は発売時点でデュアル SIM に対応します。Moto G シリーズは今作で 5 代目に進化し、ハードウェアも過去の Moto G シリーズから大幅に良くなっています。5 代目は 5 インチの Moto G5 と 5.2 インチの Moto G5 Plus で展開されます。Moto G5 シリーズでは筐体にハイグレードのアルミボディを採用しており、大型のカメラレンズを採用するなど、前作(Moto G4)からデザインが刷新されたほか、カメラスペックも強化されており、Moto G4 よりも写真・映像の画質に期待できます。Moto G5 Plus は 2 機種のうち上位モデルとなります。5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 625 オクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 128GB)、背面に 1,200 万画素カメラ(F1.7 レンズ、デュアルピクセル AF、4K 撮影対応)、前面に 500 万画素カメラ、3,000mAh バッテリー、指紋リーダーを搭載しています。また、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4,2、NFC、LTE Category 6 に対応。USB コネクタは Micro USB ですが、急速充電機能の TurboPower に対応しています。筐体サイズは 150.2 x 74.0 x 7.7 ~ 9.7mm、質量は 155g です。カラバリは Lunar Gray と Fine Gold の 2 色です。Moto G5 は Moto G5 Plus の小型・廉価モデルで、5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 430 オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 128GB)、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に500 万画素カメラ、2,800mAh バッテリー、指紋リーダーを搭載しています。Source : シネックスインフォテック

■関連記事
シネックス、Android Autoが自動的に起動するMoto Mods「ビークルドック」を国内発売
Android版「Google日本語入力」がAndroid Wear 2.0をサポート、フリックによる日本語入力が可能に
ブロードメディア、スクエニのクラウドゲームアプリ5タイトルを960円の特価で販売する期間限定の「ファイナルファンタジー生誕30周年記念セール」を開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。