体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時速100km超! ドローン最速王決定戦inハウステンボスに行ってみた

世界最大級のイルミネーションを舞台にした、日本初の夜間ドローンレース

2017年2月17〜19日、長崎県佐世保市のハウステンボスにて「第3回 ジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボス」が開催された。

日本初の夜間ドローンレースとして開催されたこのイベントは、パイロットがヘッドマウントディスプレイを通して時速100kmを超えるドローンを操作するスピードレース。全国ドローンレース選手権で勝ち上がった上位10名の選手に一般エントリー参加者を加えた計31名が、ドローン操縦の腕を競った。

ドローンといえば空撮用、というイメージが強いが、スピードを競い合うドローンレースも近年人気が高まりつつあり、海外、特にアメリカと韓国では空のe-Sportsとして大いなる盛り上がりを見せているという。

ドローンレースの会場となったパレス ハウステンボス庭園 パイロットはヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)を装着してドローンを操縦する

世界最大級のイルミネーションの中を、光を放ちながら高速で飛行するドローンレースは、ショーとしてのエンタテインメント性も高く、トップパイロットたちの熾烈なバトルに観戦者も手に汗を握った。

会場には3,000人以上の観客が観戦に詰めかけた

レースの模様はニコニコ生放送でライブ配信され、視聴者は2日間で8万人以上、ライブ配信と合わせると延べ10万人以上がリアルタイム視聴を楽しんだ。

下記の動画ではレース中のパイロット視点の映像を観ることができる。すさまじい迫力なのでぜひご覧いただきたい。

ドローンレースは一人称視点でおこなう「FPV(First Person View)」と、目視飛行で行う「Non FPV」の2種目があり、FPVの部でチャンピオンの座に輝いたのは弱冠19歳の岡 聖章選手。

写真中央が優勝した岡選手 岡選手は7歳の頃からラジコンヘリを始めたという筋金入りのラジコン好き。ドローン歴は約2年
1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会