体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MR(複合現実)とは? VRとARとMRの違い

エンタメ

MRを描いていた「ソードアート・オンライン」

2017年2月、人気ライトノベルの劇場版アニメ「ソードアート・オンライン」が封切られ、およそ2週間で100万人の観客を動員する大ヒットとなった。現実と仮想現実の入りまじった近未来の世界を描いた物語で、川原礫の原作の発行部数は全世界で累計1,900万部を突破したという。そして、この劇場版アニメに登場するウエアラブル端末「オーグマー」こそが、実は今回のテーマの「MR」とも言えるものだ。

物語では、メガネ型の「オーグマー」をかけると、ゲームの世界が現実の世界と重なって現れる。なんの変哲もない街の風景が、モンスターが闊歩するRPG「オーディナル・スケール」の世界に一変するのだ。3Dのモンスターたちはリアルに動きまわり、ゲームの参加者たちはこの世界を共有し、戦う。下の予告編を見ていただきたい。予告編では「オーグマー」を「拡張現実(AR)型」と紹介しているが、実際はARの機能をはるかに越えたもの、つまりMRなのだ。

VR、AR、そしてMRはどう違う?

あらためて、VR、AR、MRの3つの違いを説明する。VRとはヴァーチャル・リアリティの略で、「仮想現実」のこと。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に映される別世界に没入する体験のことで、装着した人は現実から完全に切り離される。

一方、ARはオーグメンテッド・リアリティ(Augmented reality)の略で、「拡張現実」のこと。このICT用語事典の「スマートグラス」でも詳しく説明しているが、HMDではなくスマートグラスを使って現実世界にさまざまな情報を重ね合わせて表示するものだ。

いよいよ実現化する「スマートグラス」。ヘッドマウントディスプレイとの違いは?

それでは、MRとはなにか?

MRとは複合現実のこと

MRはミクスト・リアリティ(Mixed reality)の略で、複合現実などとも言われる。つまり、現実と仮想現実がミックスされた世界のことだ。そう聞いて『ポケモンGO』を思い浮かべる方もいるだろう。スマホのディプレイの中で、目の前の実際の風景と仮想現実であるポケモンがミックスされているのだからMRと呼んでもよさそうだが、『ポケモンGO』はまだARの段階。

では、『ポケモンGO』をMRで実現するとどうなるだろうか。ポケモンは3D映像でもっとリアルになり、その場にいる全員がそのポケモンを見ることができる。しかも、まるでリアルなポケモンがその場にいるように、その人の位置によって正面が見えたり、後ろ姿が見えたりする。これをMRでのホログラム化と言ったりもする(実際のホログラムとは異なるが)。

そして、これこそがMRの醍醐味なのだが、あなたがMR内のポケモンをゲットしようと近づくと、ポケモンは逃げ出すかもしれない。あなたはポケモンを追いかける。ポケモンは捕まるもんかと全力疾走で現実の交差点を渡り、そして人混みに消えてしまう・・・・・・。つまり、どこまでがリアルな現実で、どこからが仮想現実なのか、わからなくなるほどミックスされてしまうのがMRなのだ。

「HoloLens」の衝撃

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会