ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

安心の日本製!上下昇降デスク「Swift」を完全スマート化する専用アプリが登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

posture_1海外では机の高さを変えたり、人工知能のアシストが付くスマートデスクが大人気だが、日本だって負けていない。

かの岡村製作所が開発したのは、ボタン1つで上下に昇降する机「Swift」。650から1250ミリメートルの間隔を、静かに素早く昇降。立ったり座ったりするポジションの変更を、ストレスなく行えるようになっている。

その「Swift」を完全にスマート化するアプリが、このたび登場。天板の高さを自由に調節しながら、快適な姿勢を保つ「Posture(ポスチャー)」だ。

・3社共同開発によるスマートフォンアプリ

posture_2「Posture」は、岡村製作所と博報堂アイ・スタジオ、スタートアップスタジオとして活動するQUANTUMの共同開発によって誕生したアプリ。3社それぞれの強みを生かしながら、オフィスのIoT化、働き方をアップデートする製品・サービス開発をめざす“okamura × IoT PROJECT”の一環として、製作された。

アプリでは、これまでボタンで行っていた「Swift」の天板高さを手元で操作。トップ画面のアップまたはダウンボタンを押すだけで、天板の高さを調節できる。メモリー高さ操作画面を利用すれば、任意に設定した天板高さへ、昇降させることも可能だ。

・快適な姿勢を保つための工夫が満載

posture_3どれだけ立ち、どれだけ座って仕事をしたのかをグラフ化し、1日単位で振り返ることができる履歴機能も搭載。立ち姿勢を増やすほど、消費カロリーが増えるため、姿勢変化に対する動機付けにもつながるという。立ち過ぎや座り過ぎの際には、アラートを発信。適度な姿勢変化を促す機能も、装備されている。

「Posture」は、iOS9.0−10.2に対応。アプリ単体では、使用できない。「Swift」アプリ対応タイプ購入の際に付属する、Bluetoothユニットにてデータの送受信を行う。ただし、「Swift」をすでに使用中で、Bluetoothユニットのみを追加購入する場合は、岡村製作所へ問い合わせしてほしいとのこと。オフィスのIoT化を考えているなら、検討してみてはいかがだろうか。

上下昇降デスク Swift
Posture

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。