体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“不気味でカワイイ”アドベンチャー・アクション『Eekeemoo』 35万人に読まれた漫画のゲーム化作品

ゲーム

3月14日、ゲームデベロッパーのCogg Gamesは、不気味な世界観とかわいいキャラが目を引くアクション・アドベンチャーゲーム『Eekeemoo – Splinters of the Dark Shard』を、PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて配信開始した。価格は498円、対応言語は英語のみ。コンシューマ機向けにもXbox One・PS4に配信中となっている。

eekeemoo_final_1920x1080
『Eekeemoo – Splinters of the Dark Shard』

本作は、漫画作家ウィリアム・モリスジュリアン(WillyMJ)が2007年から手がけるコミックシリーズを元にしたゲーム作品だ。原作であるマンガ『Eekeemoo and the Singing Stone』は当初、隔週でオンライン公開されており、2009年にはイギリスの大衆紙「The Guardian」にて、35万人が読んだインディーズ・コミックの成功例として取り上げられている。

また、同年には次作である『Eekeemoo in the Cloud City』がWeb版と紙媒体で出版されている。3作目である『Eekeemoo – Black Sun Rising』はkickstarterでのクラウドファンディングに成功し、2017年に公開される予定とのこと。

part_one_01
『Eekeemoo in the Cloud City』のイラスト
 
ゲーム版公式サイトによると、2012年、原作者であるウィリアム氏からCogg Gamesに対して「この作品をモバイルゲームとして制作したい」という申し出があったという。Cogg Gamesはそこで、現在公開されているゲームの形に繋がる、モバイルアプリではないゲーム制作を提案したとのこと。
 
イメージ163482
ゲーム版の公式サイトには、二刀流の剣術を操るエスキモーのキャラ「Eekeemoo」がイラストで掲載されている
 
今回配信されたゲーム版の物語としては、悪のダークシェードに攫われてしまったEekeemooの友人・Yum Yum、Princess Nim、D-Botを救出するべく暗い世界を冒険するという筋書きとなっている。ゲームシステムとしては3D探索アクションゲームとなっており、ゲーム開始当初は二刀流のエスキモーであるEekeemooを操り、敵を倒しつつギミックを作動させ、敵の潜む世界の奥へと突き進んでいく。
 
ss_4e8eedb8c078872bb8768822c412499312536159.1920x1080
  
ss_475060eff0ecbfe0e1ab277b36d63959196cf003.1920x1080
 
ss_a65f3c98f9aaa32f68a435ce9787e1c3ccb531a3.1920x1080
 
プレイヤーが操作できるキャラはEekeemooに加え、それぞれ異なる能力を持つ4人の操作可能キャラを使用できるとのこと。キャラクターを使い分けて謎を解きつつ、ゲームを進めていくことが主となるようだ。ゲーム序盤をプレイした際の感触としては、移動・ジャンプ・攻撃などはオーソドックスな3Dアクションの操作感となっていた。気になった方はストアページなどもチェックしてみてはいかがだろうか。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会