体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お寺の天井一面に妖怪の絵!?鳥取・大山参りで話題のパワスポへ行ってきた!

お寺の天井一面に妖怪の絵!?鳥取・大山参りで話題のパワスポへ行ってきた! ©水木プロ

昨年の10月21日に最大震度6弱を観測した鳥取中部地震が発生した鳥取県。不幸中の幸いで、その後は大きな余震に見舞われることもなく、着々と平常な姿を取り戻しつつある。今のシーズンは、ズワイガニ目当ての観光客で賑わっているが、雪解けの春に向けたおすすめのスポットを巡ってきた。

訪れたのは西部にある伯耆富士(ほうきふじ)こと名峰・大山(だいせん)を中心としたエリア。登山とまではいかないが、散策よりはややハードな行程だけど、山の神秘さに触れ、パワーがチャージされたような感じ。観光に訪れて鳥取に元気になってもらうのと同時に、自分も元気になるという一石二鳥の旅となった。

108人?の妖怪を見上げる「大山寺 塔頭 圓流院」。

大山寺 塔頭 圓流院 〝大山参り“で何より衝撃的だったのは、「大山寺 塔頭 圓流院」。「だいせんじ たっちゅう えんりゅういん」と読む。塔頭とは支院のことで、明治時代に復興を許された10カ院のうちのひとつ。宗派は天台宗、信徒寺で檀家はないそうで、ご本尊は地蔵菩薩である。この写真では、どこが衝撃?となるが、視線をぐいっと上げると、©水木プロ

©水木プロ

「ゲゲゲ~」。108枚の「妖怪天井画」と呼ばれる、多種多彩な妖怪の絵が、びっしりと隙間なく天井を埋め尽くしているのだ。「ゲゲゲ~」と表現したのには意味があって、実は全て鳥取出身で日本を代表する漫画家・水木しげる先生の作品なのである。

絵は水木先生の所蔵する1300枚以上の中から選ばれているが、ちょうど天井のセンター(画像一番上の列中央)に鎮座する「からす天狗」は、圓流院のために絵筆をとられたという渾身の作。大山のシンボルであるからす天狗が実にイキイキと描かれている。

そしてもちろんこの方の姿も。「鬼太郎」は父上を頭上に、右下のコーナーから今にも駆け出さんばかり。首が痛くなるので参拝者は寝転がって観ることを許されているが、決して仏間に足を向けないように気をつけよう。妖怪をしっかり〝ウオッチ”すれば、後の参りの道中でいいことがありそうだ。

ちなみに冬の間はクローズ。例年4月1日のオープンだが、念のため訪れる際には事前に確認しておきたい。 大山寺 塔頭 圓流院

TEL/0859-52-2158(大山寺)

休館日や参拝料、アクセスなど/HPを参照のこと

「大山寺 塔頭 圓流院」の詳細はこちら

大御所を忘れてはいけない。大山寺&大神山神社奥宮。

大山寺&大神山神社奥宮

とはいえ大山参りの主役はやっぱり、こちら。「大山寺」は奈良時代に成立した山岳信仰の霊場で、養老年間に金蓮上人によって開基、地蔵菩薩を祀ったことが起源とされている。平安時代以降は西日本の天台宗の一大拠点となり、最盛期には160を超える寺院と3000人以上の僧兵を抱えていたというから驚きだ。

その後明治時代の神仏分離、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)で衰退の憂き目にあってしまうが、いったん廃絶した寺号も復興して現在に至る。こちらの本堂は昭和26年に再建されたものだが、重要文化財「阿弥陀堂」「弥陀三尊」ほか宝物類も数多く残され、悠久の力を感じ取ることができる。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。