ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京タワーが3日間だけ台湾になる「東京タワー台湾祭 2017」が3月下旬に開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
main

日本人に人気の海外旅行地“台湾”。他国と比較してもリーズナブルに旅ができるため、身近な外国———とはいっても、仕事や日々の暮らしで忙しく、現地へ遊びに行くチャンスがなかなかない。そんなあなたにおすすめのイベントをご紹介します。

・東京タワー周辺が人気観光スポットの九份に
親日。食べ物がおいしい。そこまで距離が遠くないから気軽に行けるイメージ。さまざまな理由から、海外旅行の行き先として根強い人気を誇る台湾。なんと3月18~20日の3日間、東京タワーが台湾一色に染まります。

今回開催される「東京タワー台湾祭 2017」は、台湾の食や文化、芸術などから「リアルな台湾」の魅力を伝えることを目的に開催されます。実際に行ったことがある人も、まだ訪れたことがない人も“現地にいる”感覚を楽しめる――そんなコンテンツがそろいます。

町並み

・30種以上の台湾フードが楽しめる夜市が登場
割包、花枝丸湯、芋圓、香腸、珍珠奶茶、坦仔麺、肉燥飯、鹹酥雞、台灣麺線、焼小籠包、阿珠雪在燒、水餃子、鶏排、麻油雞…うーん、読めない。でも現地っぽい!

日本人にはめずらしい本場のグルメが集まる、屋台ブースが本イベントの一番の見どころです。人気のがっつり系グルメはもちろん、タピオカドリンクなどの定番スイーツまでよりどりみどり。どれも1品300〜1000円とリーズナブルなので、あれこれ食べ歩きできるように、お腹を空かせて会場へ行きましょう。

スイーツ 夜市

・編集部が注目する屋台グルメ3選
数十種と充実の屋台フードのなかでも、ぜひ食べておきたいのは「台湾拉麺」(500円)。豚ひき肉、ニラ、長ねぎなどを唐辛子で炒めた具を、醤油ベースのスープで味わうラーメンです。素材それぞれの複雑な辛味が豚ひき肉の旨みを引き立てる一杯を、ぜひあなたの舌で味わってみてくださいね。

さくっとつまめるライトミール(軽食)も充実しています。現地の屋台でおなじみの「水餃子」(500円)は、もちもちの皮から熱々の肉汁がじゅわっとあふれます。またファストフードの定番メニュー「鶏琲」も堪能したいところ。たたいて薄くのばした鶏ムネ肉に、オリジナルパウダーをたっぷりまぶして揚げた“台湾版フライドチキン”です。食べたことのない料理にもチャレンジして異国気分を楽しんで。

cb3ca6489b73b8a9ec46e658a64aa6b2_s

・特設ステージでは三日間さまざまなイベントが開催
グルメ以外の台湾カルチャーにもどっぷり浸れるのが、このイベントの大きな魅力。台湾ゆかりのアーティストが十数組以上登場する特設ステージからも目が離せません。MCのはまぐりさゆりを筆頭に、台湾関連のエッセイで知られる一青妙(妹は、歌手の一青窈)や楽器・二胡を奏でる簡邑安+黃奎翰などステージを盛り上げます。

東京タワーのふもとで台湾気分を満喫できる「東京タワー台湾祭 2017」。またとない貴重な3日間をぜひ逃さないでくださいね。

タワー

東京タワー台湾祭 2017
会場: 1F正面玄関前広場 屋外特設会場
住所: 東京都港区芝公園4丁目2-8
日時: 平成29年3月18日(土)~20日(月・祝) 11:00~21:00(最終日は20:00終了)

もっと詳しく読む: 東京タワーが3日間だけ台湾になる「東京タワー台湾祭 2017」が3月下旬に開催(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2017/03/15/tokyo-taiwan-fes/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。