ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「パーソナルスタイリストがいるのと同じ」忙しいサンフランシスコ女子の味方は、ファッションアプリ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

車社会のアメリカ。とくに大都会は、交通渋滞が深刻な問題となっています。

土地の高騰で、郊外に引っ越さざるえない状況もあり、通勤片道1時間半なんて当たり前のサンフランシスコ。だから、みんな忙しいのです。

そんなサンフランシスコ女子たちに人気があるのが、パーソナルショッパーやショッピングアプリ。自分の代わりに目的別のコーディネートを選んで配達してくれるサービスや、狙っている服や靴などを入力しておけば、セールになったら知らせてくれるサービスまで、その種類はさまざま。

ファッションは、ますますテックフレンドリーになっています。

コーディネートはパーソナルスタイリストにお任せ。返品も可能

MM.LaFleurさん(@mmlafleur)がシェアした投稿 – 2017 3月 5 6:52午前 PST

服を買いに行きたいけど時間がない。毎日コーディネートを考える時間がない。ファッションセンスに自信がない。

そんなサンフランシスコ女子には、「ファッションアプリ」が強い味方。

服のショッピングはパーソナルスタイリストに任せている、と話す友人・ジュリア。彼女のいまお気に入りのアプリは「MM.LAFLEUR」。自分好みのコーディネートを組んでくれるファッションアプリです。一度組んでもらったコーディネートを気に入って以来、定期的に頼んでいるとのこと。

「MM.LAFLEUR」は、もし送られてきたコーディネートが気に入らなければ、返品することができます。しかも、送料は無料。

ジュリアは、

「これはもう本当のパーソナルスタイリストがいるのと同じ」

と話していました。

スタイリストに頼むとなるとハードルが高いけれど、スタイリング料金なしでアイテムの代金だけ払えばいい、というのがファッションアプリの手軽さです。

アプリのおかげでセールの時期も見逃さない

Shop It To Meさん(@shopittome)がシェアした投稿 – 2014 10月 17 5:41午前 PDT

欲しいアイテムがあっても、ちょっと予算オーバーな場合、セールまで待つことがあります。でも、セールになってすぐに買わなければ、売り切れてしまう危険性も。

そんなとき、仕事で多忙な友人・イザベルは、「Shop It To Me」を使ってセール情報を素早くキャッチしています。

「オンラインサーチングは時間があるときにしかできないから、いちいちセール情報をチェックしていられないのよ」

と話す彼女は、このアプリのおかげでセール時期を逃すことなく、オンラインショッピングしているのだそう。忙しいのに、買い逃しをしないなんて素晴らしい。

続々とおもしろいファッションアプリが登場するアメリカ。

共働きが多く、男女問わずプロフェッショナルに働くこの国では、忙しい女子の味方がたくさんあるのです。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

24歳IT会社勤務女子の願望。1週間ベッドの上で…#sponsored

「生まれつき美肌」に見せる。ファンデの塗り方 #sponsored

美人度高まる。目と眉の距離を近づける方法 #sponsored

■ あわせて読みたい

今週末は、青山で南国気分味わう。マックスマーラのスペシャルイベント
エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い
あなたの夢、実現する力もってる? #深層心理
直帰したくない夜は、マロニエゲート銀座2&3。ふらっと立ち寄れて、スマホも充電できる
YOKO FUCHIGAMIは黒のワントーン。お洒落の本質を聞いてきた
ランチも仕事後も。サンフランシスコ女子がワークアウト漬けな理由
ゲイだけじゃない。もはや地球70億人が「多様性」。世界最大級のLGBTQIの祭典で見えてきたこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。