体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セブ島なのにリゾート感なし!生涯、海の上で生活する「バジャウ族」の村に行ってみた

セブ島なのにリゾート感なし!生涯、海の上で生活する「バジャウ族」の村に行ってみた

こんにちは、旅する美容師のKOH(@Luck81O)です。

突然ですが、みなさんは「セブ島」と聞いて、どのような風景を思い浮かべますか?透き通った海でマリンスポーツ、贅沢なビーチリゾートでチルタイム、それとも夜な夜な街に繰り出てナイトスポット巡りでしょうか?

筆者は4回目となるセブ旅で、みなさんが持つセブ島の概念を崩壊させるような体験をしてきました。本記事では旅行会社のパンフレットやガイドブックにも載っていない、そんなセブ島のアナザースカイをお届けします。

 

漂海民バジャウ族

筆者がやってきたのは、セブ市南部マンバリンという地域にあるバジャウ族の村。

村と言えども、道が空いてれば空港からタクシーで30分ほどで着き、近くにはアジア最大級のショッピングモール、SMシーサイドモールがあるなど誰でも容易にアクセスが可能です。

そもそもバジャウ族とは一体何者なのか?まずは予備知識として、そちらからご説明しましょう。

 

バジャウ族とは?

筆者が訪れたのはセブ島にあるバジャウ族の村ですが、元々はフィリピン南部のミンダナオ島サンバンガにいた一人の男性が、セブ島のマンダリンに集落を開拓したのが現在のセブ島におけるバジャウ族の村が出来たきっかけ。その開拓者となる男性が現在の村長です。

バジャウ族自体は数百年前からフィリピンを始めとしたマレーシア、インドネシア周辺の海域で生活していました。モンゴルの陸の遊牧民族のように、バジャウ族は海の遊牧民族として主に漁で生計を立て生活していました。

そんな彼らに国籍はありません。古来から国境の概念は無く、彼らにとって海は「ただの海」でしかないのです。

 

よって戸籍も存在しないので、自分の年齢を知らない人も多く、年齢を尋ねると20歳〜23歳と言うようにおおよその幅で答えてくれます。

海の上で生を授かり海の上で生の終わりを迎えるバジャウ族ですが、近年はその独特な生活環境が大きく変化してるようです。

 

近代化するバジャウ族

時代の流れと共に近代化が進むフィリピン、セブ島は観光特区となり、バジャウ族も例に漏れずその煽りを受けています。船を住居とし漂海しながら生活するバジャウ族の姿は、今やほとんど見ることはないでしょう。

セブ島のバジャウ族は前述した南部のマンバリン海岸沿いに高床式の家屋を建設し、村を成して生活をしています。

 

近隣の都市開発によって、バジャウ族の村がある近隣海域は透き通った海の姿から一変して、ゴミやヘドロにまみれた海の姿へ。その影響もあり、バジャウ族が古来から生業としていた漁業から撤退する者も多く、陸に働きに出る者もいます。

しかし、社会のルールに拘束されずに独自の文化を築いてきた彼らの習慣からすると、陸に働きに出ることは大変難しいこと。今もなお大部分の村民に仕事が無いのが現状です。

 

ビサヤ人からの差別

フィリピンでの公用語はフィリピン語と英語の二種類ですが、7100以上の島々からなるこの国では地域は民族によって172にも及ぶ母語が存在します。

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会