ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】個人間で荷物を預かるシェアリングサービス「monooQ」に話を聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

monooq_1私たちは毎日、たくさんの荷物を持って移動している。旅行や出張はもちろん、買い物など、日々の生活の中でさえ、多くのモノを抱えて行動しなければならない。この荷物をどこかに置いておければ、もっと身軽になれるのに。誰でもそう思う瞬間があるはずだ。

そんな場面を想定して考案されたのが、荷物預かりのためのシェアリングサービス「monooQ(モノオク)」だ。“荷物を預けたい人”と“荷物を預かってくれる人”とをつなぐC to Cクロークサービスとして、3月3日にリリースされたばかり。押し入れやクローゼット、どこでもいい。個人の家にあるちょっとしたスペースを荷物置き場として利用する発想は、とてもユニークかつ斬新なものだ。

提供元は、2015年創業のLibtown。代表取締役の阿部 祐一(あべ ゆういち)氏が、取材に応じてくれた。

・個人間ならではの柔軟性が最大の強み

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

monooq_2「トランクルームは値段が高く、空いていない」という理由で、家電の置き場所に困っている知人から、数日間荷物を預かったことがきっかけです。

Airbnbでホストをしていた際に出会った旅行者も、荷物の預け場所に困っていたことを思い出しました。(そうした背景から)荷物を預けたい人の需要に対し、荷物を預けられる場所は意外に少ないと考え、「monooQ」の開発をスタートさせた次第です。

Q2:シェアリングエコノミーサービスの普及によって、最近は店舗等を活用した荷物預かりサービスも多数登場しています。それらとの決定的な違いは、どこにあるのでしょうか。

monooq_3決定的な違いは、個人が荷物を預かる点です。店舗等を活用した荷物預かりサービス、あるいは駅前のクロークサービスなどは、荷物の受け渡しに現地まで行く必要がありますが、「monooQ」では利用者がホスト(荷物を預かる個人)と事前にメッセージをやり取りし、駅前などわかりやすくアクセスが良い場所で、荷物の受け渡しができます。

利用者がホストと交渉すれば、預け場所とは異なる所で荷物を受け取ることも可能です。例えば、浅草駅で荷物を預け、ホストが所有する浅草駅周辺の空きスペースで保管、東京駅で荷物を受け取る、というように個人ならではの柔軟さで対応します。ただし、別途サービス料が発生するかは、ホストによって異なります。

・年内1000箇所の預かり場所をめざす

Q3:サービス構築に当たって最も苦労したのは、どんなところでしょうか。

monooq_4使い方をいかにわかりやすく、ユーザーに伝えるかというところです。荷物を預ける側と預かる側の二面があるので、そこに苦労しました。Airbnbなど他のシェアリングエコノミーサービスを参考にし、この課題に当たりました。

Q4:今後の展開について、教えてください。

まずは今年度中に、1000箇所の預かり場所の登録をめざします。また、荷物の一時預かりを行う普及・拡大をめざすとともに、空きスペースを活用した「C to Cトランクサービス」の提供も予定しています。

荷物を預かる場所さえあれば、誰でも参加できるのがこのサービスのいいところ。ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりそうだ。まずは、サイトをのぞいてみて。(取材・文 乾 雅美)

monooQ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。