体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

黄金に輝くロココ調ベッドは、なんとオール木製&手掘りだった!~ポンパレモール掘り出しモノ商店 Select.2~

f:id:ponparemall:20170313194438j:plain

ポンパレモールで売っている隠れた人気商品や、これどうやって使うの? 誰が買うの? なんて品を探してその魅力をお届けする連載「掘り出しモノ商店」。ポンパレモールで出会った掘り出しモノが、あなたの生活を潤す意外な愛用品になるかも!?

今回の掘り出しモノは、ラグジュアリー家具の専門店「キングファニチュアー」で売られている、「フィリップス パッラーディオ」のロココ調セミダブルベッド。東京新宿のホテル「ヒルトン東京」の実店舗に実物があるというので、その魅力を探ってきた結果、掘り出しPOINTはこちらの5点!

【掘り出しPOINTまとめ】 全て木製でオール手彫り。柄まで手描き! サイズや柄など、カスタマイズやセミオーダーが可能 同じようなロココ調家具よりも、かなりお手頃価格 寝室だけはこそっとお姫様風に…そんなキャリアウーマンも買っている! 目利きオーナー宮田さんが、生産工場で指導までしている商品

金箔が眩しい黄金のベッドは、なんと全て木製&手彫りの傑作だった!

ポンパレモール上でこの商品を見つけた時点では正直、「なんかちょっと怪しい…」と思っていた黄金のベッド(オーナー、すみません!)。いざ対面してみると、金箔が眩しくてよく商品が見えない…ではなく、あれ? なんかこれ、ネットの写真で見るよりも、実物はものすごくカワイイ!

f:id:ponparemall:20170313194928j:plain

「中国の家具メーカー『フィリップス パッラーディオ』社のベッドで、全て木製、オール手彫りです。ヘッドボードの絵も全て手描きです。現地の工場に行くと、大勢の職人が同じものをずーっと彫っているんです。でも手作業なので少しずつ違う。そこが愛らしいところです」(キングファニチュアー オーナー宮田さん・以下同)。ええっ、このベッド、全て手彫りなの…!? 醸し出されるかわいさの秘密は、そこにあったんですね。

ベッドの足側。これが全部、手彫り!

f:id:ponparemall:20170313195020j:plain
1 2 3 4次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会