体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説!

鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説!
鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)は、脱腸とも呼ばれる病気で、大人子ども関係なく発症する恐れがあります。

腸が飛び出す、といった症状はあまり想像がしにくいですが、どのような疾患で、治療はどういう流れで行われるのでしょうか。

今回は鼠径ヘルニアのスペシャリストとして日々治療に専念されている、東京外科クリニック院長の大橋直樹先生にお話を聞いてみました。

鼠径ヘルニアとは

一言で言うと「太腿の付け根が腫れる」病気です。太腿の付け根は医学的には鼠径と呼ばれています。ヘルニアというのは何らかの組織が正常な位置からとび出ている現象を示す用語です。

鼠径ヘルニアでは多くの場合、飛び出ているものが腸であるため、脱腸という呼び名が皆さんにとっては馴染みがあると思います。

実際、治療は消化器を扱う外科医が行います。なお、椎間板ヘルニアは背骨(脊椎)の骨と骨の間の軟骨(椎間板)がとび出るという意味ではヘルニアですが、整形外科医が取り扱う病気です。

鼠径ヘルニアの種類

鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説!

外鼠径ヘルニア

身体の表面の診察だけで3種類の鼠径部ヘルニア(外、内、大腿)を断定することはできません。外鼠径ヘルニアは文字通り鼠径部の外側に発生します。

鼠径部のヘルニアの中では一番多いと言われており、間接型鼠径ヘルニアという別名があります。

内鼠径ヘルニア

中高年の男性に多く認められ、外鼠径ヘルニアと比べると内側に発生するためこう呼ばれます。別名直接型鼠径ヘルニアと呼ばれることもあります。

大腿ヘルニア

高齢の女性に多くみられます。内外鼠径ヘルニアと比べると、下側に発生するヘルニアです。医学的には大腿裂孔という孔が大きく広がることで発生するヘルニアであるため、このように呼ばれています。

鼠径ヘルニアの原因

鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説!

子ども

生まれてくる少し前に精巣はお腹の中から外の陰嚢におりてきます。その過程で必要な通り道が孔として存在します。

この孔は精巣が陰嚢内におりきると役目を終え閉じることになっていますが、閉じ損なってしまうお子さんが一定数いますので、孔に腸など腹部内臓が入ることでヘルニアになってしまうのです。

また、女の子では精巣をおろす発生過程は存在しえませんが、人としての生物学的構造は男女共通なため、女性にも生じえるのです。

なお、子どものヘルニアはほぼ全例が外鼠径ヘルニアです。

大人

小児の鼠径ヘルニアが気づかれないまま放置され成人となって進行する場合と、鼠径部の筋膜が弱くなってヘルニアが発生する場合があります。

そもそも鼠径部には腹壁を構成する筋肉がなく薄い筋膜しか存在しないしないため、さまざまな原因で弱くなりやすいのです。

私が年間400例ほど検査する中での傾向として、成人においては外鼠径ヘルニアが全体の約70%であるものの、内鼠径ヘルニアも約20%は存在します。

中高年でその頻度が増えてくるため、鼠径部は哺乳動物、人が抱える生物学的弱点であることの証左と考えられます。

鼠径ヘルニアの症状

鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説!

子ども

鼠径部の腫れが出来、この膨らみは多くの場合柔らかく、押し込んだり仰向けになることで、お腹の中に戻るような感触があります。

痛みを伴っていたり、お腹の中に戻せない状況は緊急の治療が必要となる場合があります。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。