ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カラダの動きが「音楽」に! エアギター/ヲタ芸などで“やってみた”結果…?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カラダの動きが「音楽」に! エアギター/ヲタ芸などで“やってみた”結果…?

 ソニーがテクノロジーを駆使して今までにない新たな音楽体験を創造する「MOTION SONIC PROJECT」を展開。このプロジェクトの新たな実験ムービーが、スペシャルサイトにて公開された。

“やってみた”動画&キャプ

 同プロジェクトが目指しているのは「身体感覚と音表現の完全なシンクロ」。マイクと6軸センサーなどを組み合わせ、動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を高精度に取得し、「カラダの動きを音に変える」「カラダの動きで音楽を操る」という2つの体験を生みだすアイテムを開発することで、新たな音楽カルチャーの創造に挑戦している。

 新たに公開されたムービーでは、エアギター、ヲタ芸、ムーンウォーク、ロボットダンス、ダブルダッチ、タットダンスなど、それぞれの分野で卓越した超技をきめるパフォーマーとコラボ。パフォーマーのカラダの動き自体が“音”に変わることで、パフォーマンスを更にパワーアップさせ、新たな“音体験”を生み出している。

◎「MOTION SONIC PROJECT」
http://motionsonic.sony/ja

新着動画:
<新感覚のムーンウォーク> コウメ太夫×ムーンウォーク
<音の出るエアギター> 名倉 Seven Seas 七海×エアギター
<人はロボットになれるか> 渡邉史温×ロボットダンス
<進化系ヲタ芸> ギニュ~特戦隊×ヲタ芸
<超技なわ跳び> REG-STYLE×ダブルタッチ
<カラダDJ> XTRAP×タットダンス

関連記事リンク(外部サイト)

ダンスの動きで音楽を奏でる! 三浦大知も認めるs**t kingz 世界レベルのDJ/ダンサーとグルーヴ創出
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
なぜポール・マッカートニーは自分の曲の版権を失ってしまったのか? レノン/マッカートニー楽曲の版権を巡るタイムライン

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。