ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

意識高い系は要注意!ネイティブに通じない和製英語アレコレ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

看板、ポスター、チラシ、メニュー、日常会話……。 じつは日常のあちこちに「英語」はあふれていて、学校でまだ習っていなくても、なんとなく意味を知っているということも少なくありません。とはいえ、中には間違った意味のまま使ってしまっている「和製英語」もあるのが現状です。

 

間違った英語をそのまま覚えていると、ネイティブとのコミュニケーションで通じなくて困ってしまうこともあるので、これから留学や海外赴任を予定している人は、ここできちんと誤解を解いておきましょう。

 日経ウーマン 2014-08-18 発売号
Fujisan.co.jpより

 

【サービス】

「先着100人に●●●をサービス!」というチラシを見かけることがありますが、そもそもサービスに「無料であげる」という意味はありません。この場合は「Free」が正解です。

 

【ミルク】

喫茶店でコーヒーを飲むときに、ミルクを使う人は多いと思いますが、海外で「ミルク、プリーズ」というと、そのまま牛乳が出てきます。海外に行ったときは「cream」を注文しましょう。

 

【コンセント】

短期留学やホームステイしたときに、通じなくて困った人も多いのでは?英語で「コンセント」を指すときは、「outlet」や「socket」が正しい表現です。

 

【テイク アウト】

「持ち帰り」の意でよく使われているこの言葉。じつはこれも和製英語。正しくは「To go」や「Take away」です。「take out」も間違いではありませんが、一般的な使い方として、よりベストな言い方があることを覚えておきましょう。

 

【アメリカンドッグ】

ちょっと小腹が減ったからアメリカンドッグを買おう。そんなときには「corn dog」が正解です。「アメリカンドッグ、please」といっても、店員さんが困惑するだけなので注意しましょう。

 

【ミス】

仕事でうっかり失敗をしてしまったときは、「ミスをした」では意味が通じません。正しく伝えたければ「Mistake」が正解です。日本でいうミスはミステイクの略語だと覚えておきましょう。

 

【エアコン】

空調が効き過ぎて、温度を上げてほしいとき、「エアコン」といってもまったく通じません。エアコンは「air conditioner」の略語ということを知っていましたか?

 

【ベビーカー】

乳幼児のいる家庭では必需品のベビーカー。最近では、三輪や四輪といろんなタイプのものがありますが、海外では「stroller」「pushchair」というのが正しい言い方です。

 

【ビニール袋】

1枚につき2~5円と有料のビニール袋。スーパーで買い物をして多めに必要になたときは「plastic bag,please」と言いましょう。

 

【ペットボトル】

今や飲料水といったら、ペットボトルが主流です。これは英語で「Plastic bottle」がベストな表現。先のビニール袋に続き、原材料の「plastic」を思い出しましょう。

 

【メリット/デメリット】

「会員の方にはこんなメリットが……」という場合のメリットの意は、英語で「advantage」が正解です。ちなみに逆の場合は「disadvantage」。セットで覚えましょう。

 

【アンケート】

テレビなどで街頭アンケートを行う番組がありますが、海外ではアンケートではまるで通じません。「アンケート=Questionnaire」が正解。

 

【パーカー】

寒いときに心強いパーカー。これって英語でしょと思っている人が多いですが、これもれっきとした和製英語。正しくは「hoodie」。パーカーといってもまったく意味は通じません。

 

【ハイタッチ】

海外ドラマで喜んだときにはハイタッチをしているから当然、英語と思い込んでいる人が多いですが、これは誤り。ハイタッチをしたいときは「high five」と呼びかけましょう。

 

【マイペース】

日本語で「マイペースな人」などと言いますが、これは英語ではありません。もし、英語で表現するときは「own pace」がベターな言い方です。

 

【クレーム】

「お客様は神様だ」と勘違いする悪質なクレーマーがいるといいますが、こうした迷惑な行為を指す「クレーム」という表現、英語では「complain」が正解です。

 

巷にあふれている英語も、ときに間違ったニュアンスで使われていることが多々あります。もちろんすべてが誤っているわけではありませんが、現地で使うときには、ホントにこの意味で合っているか、確認して使うといいでしょう。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。