体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラーク博士「ボーイズビーアンビシャス」の本当の意味とは?/現地特派員レポート

 【TABIZINE 現地特派員による寄稿】
  
北海道のガイドに必ずと言って良いほど登場するウィリアム・クラーク博士。なぜかとっても人気がありますよね。そしてほとんど誰もが知っている「少年よ大志を抱け!」というお言葉。その本当の謂れは実はあまり知られていないように思います。

羊ヶ丘展望台はクラーク博士と全然関係がない?

札幌ドームを見下ろす羊ヶ丘展望台に立つクラーク博士の銅像は観光客につとに知られ、豊平区というちょっと不便な場所にあるにもかかわらず、大勢の人が訪れて一緒にポーズをとって写真に収まっています。このあまりに有名な銅像のせいでほとんどの人は、この見晴らしの良い羊ヶ丘の展望台でかの有名な言葉を語ったと思っているはず。実は、全然ちがうのです。

クラーク博士「ボーイズビーアンビシャス」の本当の意味とは?
クラーク博士の立像

クラーク博士「ボーイズビーアンビシャス」の本当の意味とは?
羊ヶ丘展望台にたむろする羊

真相を知る前に、どんな経緯で北海道に来たのか少しクラーク博士のことについて知るのはいかがでしょうか。まず、その背景から少し。

理想に燃えアメリカを後に

ローラ・インガルスの有名な小説「大草原の小さな家」にも描かれているのですが、クラーク博士の時代のアメリカ人は聖書を良く読み、宗教的理想に燃えている人が多かったようです。そんなアメリカから誕生間もない明治日本に単身渡ってきたクラーク博士の「大志」とはなんだったのでしょう。

クラーク博士「ボーイズビーアンビシャス」の本当の意味とは?
マサチューセッツ農科大学の学長だったウイリアム・スミス・クラーク博士は、西洋文明を猛烈な勢いで取り入れようとしていた明治政府の招聘に応じ、1876年5月15日アマーストの自宅を出発しました。彼を日本政府に紹介したのは幕末明治に掛け留学生として米国で学んでいたあの新島襄でした。NHKの大河ドラマ「八重の桜」でよく知られるようになりましたね。彼はアマースト大学で教鞭を執っていた頃のクラーク博士の生徒となり、帰国後に日本政府に博士を推薦しました。

クラークは大陸を二週間掛けて汽車で横断し、建国100年に湧くアメリカを後にして西海岸から長い航海に出ます。そしておよそ1月後の6月29日、横浜に到着しました。数日後にアメリカ本国は、7月4日の記念すべき独立100周年を迎えます。その輝かしい時をどのような気持ちで迎えたかは分かりませんが、博士は東京でいくらかの手続きに時間を費やした後、札幌に新設される札幌農学校(後の北海道大学)の教頭となるべく海路「北の大地」を目指しました。

クラーク博士「ボーイズビーアンビシャス」の本当の意味とは?
北大構内

クラーク博士を動かしたもの

クラーク博士は、アメリカ建国から100年が過ぎようとしていた地元の教会が、次第に物質主義に傾く姿に失望していたといいます。さらに、アメリカそのものにも憤りを感じていたようです。フロンティアが消失しつつあったアメリカもまた、ヨーロッパ諸国に遅ればせながら植民地を獲得しようとアジアに食指を伸ばしていました。高い宗教的理想に燃えた博士は、日本の若者たちにその理念を伝えたいという熱情に駆られたのでしょう。アメリカを後にした50才の博士は地球を半周して日本へ、そしてさらに北の果ての札幌まではるばると旅をしてやってきました。

クラーク博士「ボーイズビーアンビシャス」の本当の意味とは?
ニレの古木の立つ北大構内

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会