ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宮崎県えびの市の“通販番組風”動画が全力で吹っ切れてる 今なら「たまたま」プレゼントォォ!!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
宮崎県えびの市の“通販番組風”動画が全力で吹っ切れてる 今なら「たまたま」プレゼントォォ!!!

 九州を人の形にみたてると、おへそのやや下あたりに位置している宮崎県えびの市が、「深夜の海外通販番組あるある」をこれでもか!と詰め込んだハイテンションかつ、全力で吹っ切れたPR動画を公開しています。

【すべての画像や動画はこちら】

■「深夜の海外通販番組あるある」詰め込み 超ドストレートに市をPR

 番組もとい動画しょっぱなから、まさに通販番組あるあるの“利用者の声”でスタート。どんなフィットネスよりも効果があると言うエクササイズプログラム「ELS」(Ebino Life Styleの略)のすばらしさを成功者おきまりの“興奮を抑え切れていないドヤ顔”で語ってくれます。

 そして場面がスタジオに切り替わり颯爽と現れるのが、タンクトップに短パン姿の司会の外国人。ややなで肩なのが気になるところですが、これもおきまりの“無駄に元気”&“うざすぎるオーバーアクション”でえびの市の「フィットネス」「リラクゼーション」「ヘルスケア」を紹介。

■フィットネスは「かんたーん!! (山に)登るだけぇぇぇぇ!!!」

 実際の現地場面では、これもあるあるすぎる“渋い声のややDJ風な日本語ナレーション”で説明され、フィットネスの場面では「取り組みぃ方はかんたーん!! (山に)登るだけぇぇぇぇ!!!」と超ハイテンションで5大トレッキングスポットを激押ししてきます。
 山に「登るだけ」をこうも自信満々に語られることは人生これまで一度もありませんが、通販番組風で訴えかけられると、「お、おう、そうかもな。」と思わず納得しそうになる何かはやはり通販番組の構成が良く出来ているということなのかもしれません。

 そしてリラクゼーションはえびの市の誇る温泉。宮崎県内最古の温泉を「So!え・び・す・ぱぁぁぁぁぁぁ!!!」と力づよく紹介し、「ヘルスケア」では「エビノォォォ!パゥワーフーーウッ」として自慢の米、宮崎牛などを熱く押してきます。ここまでくると、「えびのってマジ体にいいんじゃないか……」と擦り込まれた気分になり、ついうっかり電話番号にかけたくなるところですが画面右上に常時表示され、さらに動画最後でもデカデカ表示されているお電話はこちらの番号が、動画用に用意されたフェイク番号ではなく、ガチで「えびの市市役所の番号」であることにえびの市の本気度がビッシビシ感じられます。

■土地は「1平米500円からでご奉仕!」 先着3名には「たまたまをプレェゼントォォ!」

 発表によると「移住・定住」を促進させるためにつくったものとのことで、それをさらに激押しする「ELS II」の動画も公開されています。

 IIでは、「移住したいと思った方にろー(↑)ほー(↑)ですッ!」として、今ならえびの市の土地が「1平方メートル500円からでご奉仕!」とノリノリで紹介され、子育て世代に向けては妙に大人びた小学生が利用者の声で登場し、登り棒に片手でよりかかりつつ「1クラス30人制」で教育にも手厚いことを訴求。

 ちなみに土地は今なら先着3名に「名物たまたまをプレェゼントォォォォォ!!!」と、市の名物できんかん菓子の『宮崎たまたま』をプレゼントしてくれるそうです。……というか、略がたまたまなんだ……。

 見ているうち、これまた「やだ、お得かも。ちょっと電話しちゃおうかな」と思うところですが、こちらも番号は動画用ではなく「えびの市移住・定住支援センターの番号」であることにえびの市ならびに動画をつくった人の超本気度が窺えます。なんというか、目力強めで正面向かって「い゛ち゛ゅ゛う゛し゛よ゛う゛」と提案された気分。

 昨今、地方自治体によるPR動画が何かと話題になりますが、ここまでドストレート、かつ強烈に移住を訴えかけるものは珍しいのではないでしょうか。繰り返しますが、通販番組風になっているのでつい擦り込まれ「あ、電話(注文)しちゃおっかな」という気分になりますので、見る場合にはその中毒性を理解した上で視聴してみてください。なお、電話をかける場合は「通話料有料」となっています。

(宮崎美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

NHKってよくわからない(困惑)乙女ゲーム風Q&Aページが攻めすぎ
めくるめくカピバラワールド 約1分のカピバラ三昧な癒やし動画にほっこり
自販機に置かれた「謎のペプシ」が話題 何が出てくるかみんな興味津々

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。