ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「損害賠償すべきとの苦情もあった」 東証のシステム障害で記者会見

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
頭を下げる東証の鈴木専務(中央)

 株や金融商品を取り引きする東京証券取引所は2012年2月2日、システム障害により同日午前の株式や投資信託など計241銘柄の売買を停止した。これに関連し同所は2日夕方、記者会見を開いた。会見で東証の深山浩永常務は、同日コールセンターに約150件の苦情や問い合わせがあり、なかには「東証は損害賠償すべき」との厳しい声があったと述べた。

■サイバーテロの可能性は「感じられない」

システムは同日午後に復旧した

 東証の説明によれば、システム障害は2日未明、株式相場の情報を取引参加者などに送信する「情報配信システム」で起こった。本来であれば、障害が発生した場合、自動的に他のサーバーが機能を担うことになっているが、今回はその切り替え処理が正常になされなかったという。原因については「究明中」とのことだが、サイバーテロの可能性については、「その感じはまったくない」という。

 記者から関係者の処分について問われると、東証の鈴木義伯専務は「今は原因究明が先」と述べるに留めた。その一方で深山浩永常務は、今回の売買停止にともない同所のコールセンターには約150件の苦情や問い合わせがあったとし、「なかには損害賠償をすべきとの声もあった」と、東証の責任を問う声があったことを明らかにした。

【録画放送】東京証券取引所 システム障害 緊急記者会見

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 【録画放送】東証システム障害についての記者会見 – 会員登録が必要
http://watch.live.nicovideo.jp/watch/lv79997145?po=news&ref=news

(土井大輔)

【関連記事】
「オリンパスを独立した会社として生かしたい」 ウッドフォード元社長 ニコ生出演 全文
元マイクロソフト副社長の西和彦氏、ジョブズは「人と対等な関係は得意じゃなかった」
楽天・三木谷社長×田原総一朗(1) 検察が狙っているのは堀江、孫、三木谷!?
ホリエモンのラストメッセージ(1) 「田原さん、10年後に僕らの宇宙船に乗ってください」
ホリエモンのラストメッセージ(2) 「多くの人が上場企業の仕組みすら知らない」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。