ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

実写版映画『美女と野獣』、同性愛シーンがカットされた後もマレーシアでの公開を見送り

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


米ウォルト・ディズニーは、実写版映画『美女と野獣』について、たとえマレーシアの検閲当局が広く報道されているような“同性愛シーン”をカットした後に公開を承認したとしても、マレーシア国内での公開を見送っている。

クラシック・アニメーション作品の実写映画版である同作は、当初マレーシアで3月16日に劇場公開を予定していた。しかし、同作は地元での公開作品リストから消えており、映画館チェーンのゴールデン・スクリーン・シネマズがウェブサイトに掲載した通知によると、映画は “追って通知があるまでディズニーによって公開延期”ということだ。

本紙ヴァラエティは、ディズニーのアジアでの広報担当に問合せを試みたが、コメントは得られなかった。

マレーシアのニュースサイト、ザ・スター・オンラインは、ディズニーのマレーシア側の声明を発表した。それによると、“国内での検閲”が解決するまでリリースは延期されたということだ。現在もディズニー・マレーシアのオフィシャルウェブサイトでは、『美女と野獣』が“まもなく公開”と掲載されている。

映画の公開見送りは、マレーシアの検閲当局がジョシュ・ギャッドの演じるキャラクター、ル・フウのセクシャリティが明らかになるシーンをカットした後に起こった。

マレーシア検閲委員会のアブドゥル・ハリム委員長は、「我々はこの映画を認可しますが、同性愛のシーンを含むマイナー・カットが存在します。たった一か所の短いシーンですが、多くの子供たちがこの映画を見るのには不適切だと考えます」と、語った。

ハリム委員長は、公開の無期延期についての理由はわからないと語った。

社会的に保守的なマレーシアでは、同性愛行為は現在も懲役を含む刑罰の対象とされている。ゲイのキャラクターが映画に登場することは認められているが、それは、否定的か悔い改めるように描写されている場合に限られている。

『美女と野獣』にゲイのキャラクターが登場することはロシアでも騒動を引き起こし、16歳未満の鑑賞を禁止する16禁指定での劇場公開となった。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。