ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

星野源「恋」が阪神電車甲子園駅の列車接近メロディに、“春のセンバツ”高校野球を盛り上げる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
星野源「恋」が阪神電車甲子園駅の列車接近メロディに、“春のセンバツ”高校野球を盛り上げる

3月19日から兵庫・阪神甲子園球場で開幕予定の「第89回選抜高等学校野球大会」入場行進曲に決定している星野源の「恋」。本大会の開催にあわせ、3月19日から大会終了日までの間、甲子園球場の最寄駅である阪神電車甲子園駅の列車接近時のメロディが「恋」に変更されることが発表された。

列車接近時に「恋」のサビのメロディが流れ、列車の接近、到着を乗客に知らせるもので、大会開催期間中に甲子園駅でしか聴けないものとなっている。

いよいよ開催も近づいてきた同大会を星野源の「恋」が盛り上げる。

列車接近メロディ変更の概要
列車接近時に「恋」のサビの部分(※約15秒程度、編曲は向谷実氏が担当)を放送し、列車の接近・到着をお客さまにお知らせ。
※通常時は「線路は続くよ どこまでも」を列車接近メロディ(編曲は向谷実氏が担当)に使用しており、甲子園駅以外の駅の列車接近メロディは、大会期間中も変更しません。
期間:3月19日(日)始発〜大会終了日(3月30日(木)※予定)の終電
※第89回選抜高等学校野球大会は、3月19日(日)から開催予定
場所:阪神電鉄「甲子園」駅

関連リンク

星野源 オフィシャルサイトhttp://www.hoshinogen.com/
■星野源 宣伝部Twitterhttps://twitter.com/gen_senden
■星野源 Facebookページhttps://www.facebook.com/hoshinogen2012

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。