ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Chrome 57でバックグラウンドタブの消費電寮を大幅に削減

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

PC やスマートフォンを Chrome ブラウザのタブを開き過ぎるとパフォマンスやメモリ空き容量が低下し、バッテリーを多く消費してしまいますが、Google は今週リリースした「Chrome 57」でバックグラウンドで実行しているタブに対する CPU の動作を変更して、バックグラウンドタブによるバッテリーの消費を大幅に抑止しました。Chrome 57 では 、実行中のアプリが多くの CPU を使用している場合に CPU の割当をスケジューリングするタイマーを調整し、平均 CPU 負荷をコアの 1% 未満に抑える新しいポリシーを適用しました。これによって、Chrome の消費電力を削減しており、Google によると、従来比 25% もビジー状態になるタブが減少しているとのことです。タブでは様々な WEB サイトを開きますが、新ポリシーはオーディオ再生や WebSocket・WebRTC を利用したリアルタイム通信を維持しているタブには適用されません。Source : Google

■関連記事
Galaxy Tab S3(Wi-Fi)、米国では$599で販売
TAG Heuer、Android Wear 2.0を搭載した新型スマートウォッチ「Connected Modular 45」を発売開始、日本では175,000円~
Google、インドのReliance Jioと提携して安価なLTEスマートフォンを共同開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。