ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

入れるだけで包丁を再生!全自動研ぎ機『Knife Robot』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

tech-170309-knife1包丁を研ぐ。これはなかなか難しいことだ。

もちろん、昔ならば大抵の人は刃物を研ぐことはできただろう。だがメンテフリーの刃物が普及した現代、「刃物を研ぐ」ということ自体が特殊技能になってしまった。

そうした問題を解決してくれるかもしれない発明品が、クラウドファンディング『Indiegogo』に登場した。

5分待つだけで包丁が復活

tech-170309-knife2アメリカ・カリフォルニア州パロアルトのスタートアップが『Knife Robot』という製品を発表した。

これはラジカセくらいの大きさの全自動刃物研ぎ機である。使い方は極めて簡単。機械の中に刃物を入れ、蓋を閉じ、液晶画面に表示されたモードを指で押す。あとは5分待つだけだ。

あまりに簡単なので他に書くことがないくらいなのだが、そうした使い勝手の良さも相まってかKnife Robotは順調に投資を集めている。期限残り28日の時点で、目標額の140%である2万8,000ドル(約320万円)の出資を集めている。

より楽しい料理を

tech-170309-knife3開発者によると、市場投入価格は700ドル(約8万円)を予定しているという。だがIndiegogo内では279ドル(約3万2,000円)で提供されている。もちろんこれは、100個までの限定キャンペーンである。

この1台があれば、切れ味を失った包丁はまた鋭さを取り戻してくれるはずだ。料理がより楽しくなる製品である。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。