ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローグライクとカードゲームを融合した『ELEMENTS SUMMONER』 クラウドファンディングが実施中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インディーゲームデベロッパーのakishino氏が手がける『ELEMENTS SUMMONER(エレメンツサマナー)』のクラウドファンディングがCAMPFIREにて開始された。

「新しいローグライクを求めて」というコンセプトで制作される本作は、ローグライクとカードゲームの2つのゲームジャンルを融合した作品となっている。目標金額は50万円。

image00
『ELEMENTS SUMMONER』クラウドファンディングページ
 
image04
左)主人公のサマナー「ドルキス」、右)敵キャラクター
 

サマナーとは その昔カードに力を封じ込めた賢者の子孫たち

かつてモンスターと戦うために生み出された力が いつしか人間同士の争いに使われるようになった

再び戦争に使われることを恐れ、世界に散らばった カードを集める旅に出る少女

その最中、滅んだはずのモンスターが 現れたという洞窟を見つける

そこである異変に気づく

モンスターを復活させればサマナーも現れる そう考える者たちがいた、、、
公式ページのあらすじより引用)

 
image01
 
image03
 
本作の主人公は、少女「ドルキス・フェネストラ」。彼女はカードを使って、魔法の発動やスピリタス(憑依)を召喚できる存在だ。彼女は幼いころから祖父から召喚術を学び、15歳になった時サマナーの歴史を聞かされ旅に出る、というあらすじとなっている。

image02
主人公の少女ドルキス。キャラクターデザインはリウイチ氏とのこと

本作のゲームシステムとしては、ダンジョン内に落ちているカードを使い敵と戦闘をしていくものとなっている。カードの種類は、主人公に憑依(装備)し戦う「スピリタスカード」と離れた敵を攻撃したり、場所を入れ替えたりできる「マジックカード」の2種類。

手札として持つことができるカードは7枚までとなっていて、8枚目からは裏向きにストックされていく。手札のカードを消費することで、新たに加えられる。ストックされるカードは、裏向きであるため「次に何を引くか分からない」という点が面白くなっていきそうだ。なお、捨てられたカードは消滅し、再び拾うことはできなくなっている。

インディーゲーム制作に関するクラウドファンディングについては、2017年に入ってから『Pixel Princess Blitz』『Narita Boy』『マジョリティパーティー』などが実施されてきた。ローグライクにカードゲームの要素が加わった本作に興味を持たれた方はチェックしてみてはいかがだろうか。

(関連記事)
『Pixel Princess Blitz』約1200万円の支援金額でKickstarter完遂 可愛らしいドット絵のローグライク・アクションRPG
“究極の選択”を迫られる注目のアナログゲーム『マジョリティパーティー』クラウドファンディング実施中 現在の支援金額は75万円
レトロで未来的なドット絵が光る2Dアクション『Narita Boy』クラウドファンディング実施中

関連記事:

ローグライクRPG×リズムゲー『クリプト・オブ・ネクロダンサー』 iOS版が本日7月1日リリース!
リズムにノッて戦うローグライクRPG『Crypt of the NecroDancer』 新作コンテンツが配信開始
人気ローグライクRPGのTRPG版『片道勇者TRPGアペンド』が発表

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。