体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YOKO FUCHIGAMIは黒のワントーン。お洒落の本質を聞いてきた

パリやバリ、東京で活躍するトータル・ファッション・アドバイザーのYOKO FUCHIGAMI。

ファッションに対するオリジナルな考えかたを発信し続け、いま注目されている人物のひとりです。そんなYOKOさんが、パナソニックの衣類スチーマー新製品発表イベントに登場。

彼女の言葉から見えてきたのは、ファッションに対する愛でした。

「とにかく自然体でいること。それがお洒落」

20170314_yoko_02.jpg――そもそもYOKOさんが考える「お洒落」ってどういうことでしょう?

YOKOさん(以下、敬称略):とにかく自然体でいること。それがお洒落よ。余計なことなんてしなくていいの。人間はもともとお洒落に生まれてきてるんだから。

――「人間はもともとお洒落」とは?

YOKO:私はもう人間ってそのままでお洒落って思っているの。裸っていうのは、ガイコツのこと。そのうえに肌があったりいろいろついてるでしょ。だから、もうお母さんの産道を通って産まれてきた時点で、人間はお洒落なのよ。だから、そのまんまでいいの。

――今日のYOKOさんのファッションのポイントは?

YOKO:街を生かすってことかしら。街になじむようなスタイル。今日のイヤリングはカラスの尻尾でできてるの。そうやって街と一体化できるようなスタイルを心がけているわ。

そのまま自然体でいること。街になじむようなスタイルを心がける。このふたつがYOKOさんのファッションの礎でした。

シワは、生活のなかから生まれたデザイン

さらに、YOKOさんの話は服についてしまうシワにまで及びました。

20170314_yoko_08.jpg――服についてしまう困ったシワ。YOKOさんはどう思われますか?

YOKO:シワもお洒落と一緒。そのままでいいの。タンスの奥に何年もしまってあった服にできるシワや、座布団の下に置いてあった帽子のシワ。そういうのって、生活のなかから生まれたデザインでしょ。だからそのデザインはそのままでいいの。

――でも、やっぱりシワシワの服は、スーッときれいに伸ばしたくなりますが…。

YOKO:そう? 私は、シワはそのまんまでいいと思うけどね。

――では、モデルさんの着ているシワシワのシャツ、パナソニックの新しくなった衣類スチーマーで伸ばしてみましょう。YOKOさんもぜひやってみてください。

YOKO:あら、こんなに簡単でいいの。一回スーッとやると、シワなくなっちゃった! 伸ばしたほうとシワシワのほうで、ハーフ&ハーフにしてもいいわね。

20170314_yoko_05.jpg――衣類スチーマーを使ってみて、シワについての印象変わりましたか?

YOKO:そうね。TPOに合わせて、シワ撲滅もありじゃないかしら。

生活のなかでできるシワもデザインの一部と捉えていたYOKOさん。でも、衣類スチーマーを使ってみると、シワがないファッションもあり、と心境の変化を吐露していました。

忙しい朝に使える、衣類スチーマー

20170314_yko_06.jpg今回YOKOさんのシワに対する心変わりをさせたパナソニックの衣類スチーマー。
1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。