ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

え?記憶と違う!? 思い出のつまった素敵な森は…母となった今、ホラーな場所に!by チカ母

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170309111024p:plain

その公園は、近所の友人たちとよく遊んでいた公園で、私の幼少期の思い出の多くはその公園と森で出来ていると言えるほど、記憶に残っている場所でした。

せっかくなので、娘にもお母さんが遊んでいた公園と森で遊ばせてみよう、と思い

懐かしさを胸に、その公園へと向かいました。

前回エピソード:産後垂れてしまったおしりは、“子どもと歩きながらヒップアップ作戦”で取り戻せ by チカ母

が、車の窓から見えた景色は…

f:id:akasuguedi:20170309111028p:plain

…記憶と違う。

まず、人がいない。 そして森が暗い。

記憶の中では、

子どもたちが楽しく遊んでいる公園 自然豊かで木漏れ日溢れる森だったのですが 、

目の前には、

子どもどころか人一人いない公園 自然豊かだけれど何だか薄暗い森がありました。

いやいやいや、そんなはずはなかろう。と、森の中を見てみると

f:id:akasuguedi:20170309110854p:plain

よくここで子どもを遊ばせてたなぁ!!と、当時の平和さに驚きました。

私が10歳のときに、引越してしまうまではずっとここで遊んでいたのですが

大人たちに注意された記憶もなく、変質者の情報なんてものもなく。

今だったら、「あの森は一人では通っちゃダメよ!」って絶対言われてると思うんですよね。

むしろ、私が言う。

でも、子どもの頃は、ここは楽しい遊び場で

怖いことなんて無くて、夕方の薄暗い中でも平気で通っていたはず。

そして、私は大人になってからも この公園と森を何度か通ったことがあったのですが そのときも懐かしさだけで、こんなに怖いとは感じませんでした。

何がこんなに変わってしまったのかと言えば、やはり自分が親の立場になったからでしょうか。

自分ならなんてことなく通る道も、娘となると話は違くなります。

私の母も、森で遊ぶ娘をこんな気持ちで見ていたのかと思ったのですが、やはりそこは時代が違かったようで。

当時はご年配の方が公園でゲートボールをしていたり、近所の子どもの数も今より多かったり。

特に不安に思うことなく遊ばせていたそうです。

チカ母さん人気記事:思春期真っ只中でも父が大好き!そうなるための秘訣、立役者である母の凄さ by チカ母

f:id:akasuguope02:20160124013906p:plain著者:チカ母

年齢:30歳

子どもの年齢:2歳

2014年6月に娘・チカを出産。同年8月より育児絵日記ブログ「抱っこだ立つんだ揺れるんだ」を開始。抱っこが大好きな娘のお陰で、腕だけやたらとたくましいお母さんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

泣いてる赤子を見るや光の速さで構ってしまう!パブロフの犬的おばちゃん勢の正体は… by 熊野友紀子
三人目ともなると育児は「できて当たり前」!? 保健師さんの一言に思わず溢れた涙 by 育田花
忘れられない3月11日。渋谷のど真ん中で地震に遭遇。5時間歩き通して保育園の息子のもとへ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。