ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

激痛を受け流す私を直撃したもの…ラミナリアの恐怖3連発!「先生ーーー! 血が流れてるの感じるよーーー!」by ユーラシア

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

こんにちは、ユーラシアです。

分娩を翌日に控え入院し、硬膜外麻酔のチューブを入れられた私は、一息つく間もなく次はラミナリアを入れられることに。 前回のエピソード:看護師に押さえつけられ、隣室からはうめき声…。恐怖感MAXのなか打たれた無痛分娩前の麻酔 by ユーラシア

ラミナリアとは、子宮口を開くための海綿体。

計画分娩では、子宮口が十分に開ききっていない状態で分娩日を迎えることになるため、これを使って「明日産むからなー! 開くぞー!」と子宮口を開くのです。

使うラミナリアの本数は場合によって様々なようですが、私は10数本だったと思います。

「へー、ラミナリアなんて初めて聞いた。面白いなあ」なんて呑気に思っていた私でしたが、ここからラミナリアの恐怖を味わうことになったのでした。

f:id:akasuguedi:20170307233222p:plain

<恐怖① 入れるとき、痛い。>

あまり思い出したくないのでさっさと書きますが、とにかく激痛でした。

それも子宮をピンセットでつままれているような、鋭い痛み

私は普段あまり感情を表に出すのが得意でなく、痛くても辛くても基本人前では無表情、歯医者で激痛を感じてもせいぜい眉をしかめる程度……というゴルゴ13スタイルで生きているのですが、そんな私が声を失いつつも「……痛い! 痛い!」と漏らしてしまう程の痛みでした。

ただ、これからラミナリアを入れるかもしれない方は安心してください。

これは先生が不慣れだったのか何かミスがあったのか、通常よりも痛みを伴う処置になっていたようです。

何故なら途中から先生が「……あれ? あれ?」を繰り返し、他の先生を急遽呼び出し、二人して「これ……」「あっ、血が……」「すごい出てきてるね」とヒソヒソ話していたのが聞こえたからです。

先生ーーー! 聞こえてるよーー! 血が流れてるの感じるよーーー!

幸い大したことはなかったようで、なんとか処置を終えました。

が、これで終わりではありません。

<恐怖② 入れてからも、痛い。>

ラミナリアを入れてから半日くらいが経過した真夜中、お腹がどんどん痛くなってきました。

少し出血もあったので、「これはまさか陣痛……!? もしやもう産まれる!?」と期待しましたが、機械で測定した結果、陣痛ではないとのこと。

看護師さんは苦笑いしながら「ラミナリア入れてるから、痛むこともあるんだよ。じゃ、何かあったら呼んでね。頑張って!」と部屋を出て行ってしまい……。

詳しくは分からないのですが、どうやらラミナリアが子宮口を広げている痛みだったようです。

結局、横になったり部屋をウロウロしたりトイレでうずくまったり、

睡魔に襲われて少し眠るも痛みですぐに目を覚まし……と何時間も激痛と闘いました。

生理痛のラスボスという感じで、下腹部がズーンと重くズキズキ、あまりの辛さに嘔吐する程でした。

そうしてほとんど眠れず痛みに耐え続けましたが、朝になって様子を見に来た看護師さんに

えー! そんなに酷かったなら早く言ってくれたらよかったのに! 我慢してたの!?あらー、気が付かなくてごめんなさいねー!」と笑顔で言われて脱力したのでした。

ナースコール、ガンガン押しまくればよかったのですが、つい我慢してしまって(ゴルゴなので……)。

<恐怖③ 抜くときまで、痛い。>

翌朝ラミナリアを抜きましたが、なかなかの激痛でした。

入れるときよりはマシだったものの、最後の一本が抜けるまで苦しめられ、全部抜き終わったとき私は真っ白に燃え尽きていました。

出産はまだ、これからなのに……。

ただラミナリアは個人差が大きいようで、入れるときも抜くときも、入れた後も、痛みの度合いはかなりバラバラみたいです。

痛いのが嫌だから和痛分娩にしたのに、まさか出産前日にこんな伏兵が潜んでいるとは思いませんでした。

願わくば二度とラミナリアのお世話にはなりたくないです。 関連エピソード:違和感のあったラミナリア。全く痛くはありませんでした「無痛分娩にして良かった!」

f:id:akasuguedi:20160913055405p:plain

著者:ユーラシア

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳5ヶ月

2015年4月に男児を出産。割とテキトーに育児しているオタクでナマケモノな専業主婦です。思いもよらなかった子供の可愛さ奥深さに驚く毎日の中、老後の楽しみにと育児に関する絵や文章をちまちま描いています。息子はいつも親指を吸っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

体の左半分しか麻酔が効いてない〜!? ハプニングだらけの無痛分娩
無痛分娩にしてよかった!
無痛分娩のはずなのに…!絶え間ない激痛に大ショック!!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。