ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

cali≠gari 全国ツアー“日比谷野音”含む追加公演! レア音源CDプレゼントも

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
cali≠gari 全国ツアー“日比谷野音”含む追加公演! レア音源CDプレゼントも

 今年メジャーデビュー15周年を迎えるcali≠gariが、6月からの全国ツアー【cali≠gari △15th Caliversary”2002-2017″ TOUR 13 -Hell is other people-】の追加公演を発表した。

カリ≠ガリ 画像

 5月10日にリリースするニューアルバム『13』を帯同する本ツアーだが、東名阪での追加公演【cali≠gari △15th Caliversary”2002-2017″ TOUR Re:13 -The worst foe you meet would be always you yourself-】の開催が決定した。9月2日 umeda TRAD(旧umeda AKASO)、9月9日 名古屋BOTTOM LINE、そしてツアーファイナル、9月23日は約3年振りの日比谷野外大音楽堂。この3公演にはサポートドラマーの中西祐二に加え、キーボードの秦野猛行とSaxのyukarieが参加することも発表され、6月からスタートする公演とはまた違うcali≠gariのステージが楽しめるとのこと。

 また、ファンへの感謝の思いを込めて、追加3公演の各会場ごとに、特典として15年前にリリースした楽曲を新録セルフカヴァーしたCDが付く。内容は、umeda TRADはメジャーデビューシングル「マグロ」、名古屋BOTTOM LINEは2ndシングル「舌先3分サイズ」、日比谷野外大音楽堂は3rdシングル「青春狂騒曲」。過去の名曲を第8期のメンバーでセルフカヴァーした、ファン垂涎のアイテムだ。

 ニューアルバム『13』について、メンバーは「ダークなものになる」と予告しているが、cali≠gariメンバーによる『ニコラジ』で初オンエアされた収録曲「汚れた夜」からも、それを少しイメージできたことだろう。なお、アルバムの<狂信盤>購入者には「A4クリアファイル」、<良心盤>購入者には「ICカードステッカー」と、購入者特典も発表された。

◎追加公演情報
【cali≠gari △15th Caliversary”2002-2017″ TOUR Re:13 -The worst foe you meet would be always you yourself-】
2017年9月2日(土)umeda TRAD(umeda AKASO)
OPEN 16:30 / START 17:00

2017年9月9日(土)名古屋BOTTOM LINE
OPEN 16:30 / START 17:00

2017年9月23日(土)日比谷野外大音楽堂
OPEN 17:30 / START 18:00
http://www.vap.co.jp/caligari/

◎リリース情報
アルバム『13』
2017/5/10 RELEASE
<狂信盤>(CD+BD)
VPCC-80690 6,000円(tax out.)
<良心盤>(CD only)
VPCC-81951 3,000円(tax out.)

◎ツアー情報
【cali≠gari △15th Caliversary”2002-2017″ TOUR 13 -Hell is other people-】
6月3日(土)F.A.D YOKOHAMA
6月4日(日)Route Fourteen(本八幡)
6月9日(金)静岡Sunash
6月10日(土)静岡Sunash
6月17日(土)青森Quarter
6月18日(日)仙台MACANA
6月23日(金)高崎 club FLEEZ
6月24日(土)高崎 club FLEEZ
6月28日(水)新宿 LOFT
7月1日(土)新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
7月7日(金)大阪FANJ twice
7月8日(土)大阪FANJ twice
7月10日(月)名古屋 ell. FITS ALL
7月15日(土)岡山IMAGE
7月17日(月・祝) 福岡DRUM Be-1
7月21日(金)札幌cube garden
7月22日(土)札幌cube garden

関連記事リンク(外部サイト)

YOSHIKI プレミアムディナーショーを東名阪で開催! 昨年に引き続きチケットは超高額
acid android、2017年初ライブ開催&アートブック第三弾発売も決定
【VIVA LA ROCK 2017】の公式アプリが完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。