体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィンランド人と結婚した日本人妻に気になる10の質問を聞いてみた

フィンランド人と結婚した日本人妻に気になる10の質問を聞いてみた

こんにちは!コンテンツディレクターの阿部サキソフォンです。TABIPPO.NETで彼氏募集なんてしていた私ですが、実はずっと「国際恋愛」に憧れていました。言葉の壁を感じながらも二人で素敵な時間を過ごしたり、お互いの異文化に驚きながらも認め合ったり。

ただ「結婚」となると、急に現実味を帯びてきます。親への紹介はどうするの?嫁姑問題は?お金ってどう管理しているの?

気になることが多すぎて夜も眠れないので、TABIPPO.NETで執筆中の、フィンランド人の旦那さんを持つ「早川葵さん」に気になる疑問・質問に答えていただきました!そんな心配無用だろう、というツッコミは受け付けません。

 

1.喧嘩は多い?食事とか宗教とか

喧嘩は多いです。ブログには楽しい話を投稿しているので、仲の良い夫婦ですね!とコメントをいただくことが多いのですが、どこにでもいる夫婦同様、普通になんども喧嘩します。

喧嘩の発端になることはさまざまですが、言葉の壁で時々意見や考えがうまく伝わらない時もあります。喧嘩はいつも英語なので、まっすぐに気持ちを伝えられないこともあり、なかなか話し合いがつかないなんてこともありますよ。

 

ただ、二人のなかで「その国の考え方の当たり前」を武器に争わないように努力しています。フィンランド人と日本人が暮らすとなればちょっとした感覚の違い、意見の食い違いはもちろんです。

その辺は、夫婦で歩み寄れるようにお互い努力しています。

国際結婚喧嘩

それからこれは自分の悪いところなんですが時々、「こういう時は空気を読んでほしい」と察してほしいオーラを出してしまうことがありました。

でも、これがなかなか日本人ならではの技のようで、彼にとっては難しいようです。英語では空気を読むを、read the airなんて使えないそうですけどね!

空気を読む

どうにか意味を伝え、空気を感じ取ってほしいと説明したことがありますが、結局これは、わたしのわがままな期待だとわかり、今はなんでも彼にまっすぐ言うように心がけています。

宗教については、夫婦で仏教やキリスト教など季節の行事をいろんな風に楽しむので、日本で暮らしていた時とあんまり変わりはありません。もちろん二人ともどこかの宗教に属したり、特別視するわけでもなく、宗教そのものを尊敬しています。

 

ちなみに、彼の仏教知識のおかげで、日本に住んでいた頃より仏教に興味が湧くようになり、本を買って読んでみることも機会として増えました。

日本では宗教の話なんて若者の間では全然しないと思いますが、海外では「宗教どこ?」ってよく聞かれますよね!知識として少しでも知っておかなきゃなと思っているんです。

食事は二人とも好き嫌いが少なく、食文化を大いに楽しむ性格なのでフィンランド料理も大好きですし、彼も日本食が好きです。嫌いというか、食べられないものは納豆だけ。笑

納豆が食べられない 納豆が食べられない
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。