ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

X JAPANウェンブリー・アリーナ公演が英メディアで大絶賛、映画サントラもUKチャートで快進撃

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
X JAPANウェンブリー・アリーナ公演が英メディアで大絶賛、映画サントラもUKチャートで快進撃

X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』のサウンドトラックは、発売後9カ国のiTunesチャートで1位、イギリスのオフィシャル・アルバム・チャートではサウンドトラックとしては異例の27位、トップ30を獲得。サウンドトラック・チャートでは3位にランクインした。

X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』のプレミア上映会は、ピカデリー・サーカス近くの「Picture House」で開催され、満員御礼。今作品では、活動を開始した1980年代以来メンバーが経験してきた試練や苦しみが語られているが、長年にわたる人気や盛り上がりを見せる熱狂的ファンの存在は、彼らのメロディーに聴く人すべての心を動かす様な力があることの証だ。

X JAPANの力強い音楽性を見せつけるかのように、映画サウンドトラック発売を記念して、オックスフォード・ストリートのHMVで行われたサイン会には、メンバーを一目見ようと1,000人以上のファンが押し寄せ、交通規制を余儀なくされた。この状況に一番驚いていたのはレコード会社のSony Music UKだと関係者が明かしている。英国内の人気あるアーティストでも整理券500枚を発券することが一般的とのことで、完全に甘くみていたという。

しかしX JAPANにとって、こういった興奮から放たれる驚異的なエネルギーはどの公演でも目の当たりにしているものであり、初公演となったウェンブリー・アリーナでも同様だった。

音楽情報サイト「Music-News」では、公演について「目を奪われるほど」の体験と評価され、X JAPANの卓越した才能について「トップクオリティの音楽を常に提供している」と評価された。単なるロックバンドではなく、彼らは今や世界中に広がる社会的現象と化している。

英国メディアの主な批評は次の通りである。

“THEIR SHOW PROVES EYE-POPPINGLY CAPTIVATING” – METAL HAMMER MAGAZINE
X JAPAN の公演は、度肝を抜かれるほど虜にさせられる
-メタル・ハマー・マガジン

“PERFECTION” – POWERPLAY MAGAZINE
完璧な領域 – パワープレイマガジン

“INTOXICATINGLY TRIUMPHANT” – METAL TALK
夢中になるほど輝かしい – メタルトーク

“FERVENTLY MESMERIC”- RECORD COLLECTOR MAGAZINE
熱烈なほど魅惑的 – レコードコレクションマガジン

“X JAPAN DELIVERY A UNIQUE AND MOVIING EXPERIENCE” – MY GLOBAL MIND
X JAPAN が送り届ける音楽は独創的且つ心を揺さぶられる体験である
– マイ・グローバル・マインド

– “MESMERISING, THEY HOVER AROUND A MAGICAL MUSICAL SWEET SPOT” – MUSICNEWS
魅惑的で 音楽の最高と言える魔法のような領域をさまよっている様な体験
-ミュージック・ニュース

ソニーレコード(UK)Music for Nations トップの JULIE WEIR は次の様に語っている。

“X Japan are the band you may have heard of from the current world phenomenon We Are X, but they provoke Beatles-esque levels of hysteria from rabid fans that hang on their every word and movement.
They split up some time ago and reformed in 2007 but the culmination of the release of the We are X documentary, a long awaited spectacular Wembley arena show and the release of the soundtrack to the Documentary has provoked a flurry of media and fan activity. After all of this time of stasis, one would assume the fandom would have waned…… but these are the most loyal fans in the universe and have engaged with the band throughout socials, online and in person….resulting in a chart position of 27 in this weeks Official Chart for a soundtrack release.
A massive achievement for them – and sets the band in great stead with their army for the release of their first Studio album in 20 years later this year. They. Are. X.”

WE ARE Xの影響により最近になってX JAPANというバンドを聴いた人もいるかもしれませんが、X JAPANは、行動一つ一つ、発言一言一言を追いかけるファン達を熱狂させるビートルズ的な人気を誇るバンドです。解散を経て2007年に再結成しましたが、ドキュメンタリー映画『WE ARE X』公開までの道のり、そして待望のウェンブリーアリーナショー、映画『WE ARE X』のサントラ発売を経て、にわかにメディアやファンの行動を掻き立てています。長い静止期間を経て、通常ならファン層は衰えると想定するのが当たり前ですが、ソーシャルメディアやインターネット、じかにバンドと交流する場所でもその関わり方を見ているとXJAPANのファンは宇宙一忠実なファンと言えるのではないでしょうか。その原動力が今週発売された映画『WE ARE X』のサウンドトラックがオフィシャルチャートで27位にランクインした快挙を成し遂げたのだと思います。この素晴らしい快挙は、X JAPANのアーミーがこれから発売される20年越しのニュー・アルバム発売に向け素晴らしい後押しをしてくれています。彼らこそX!(They.Are.X!)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。