ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

商売繁盛で有名な穴八幡宮のお札「一陽来復」。隣にある法生寺のお札「一陽来福」を並べて貼るとより運気が上がる!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

120201houseizi.jpg

マイスピでも大人気の[ヘルスピ・ロックンロール]のサンプラザ中野くんが、毎年お札をわけてもらいに行く(=買うこと)という東京早稲田にある穴八幡宮
そのお札はみなさまもご存じ、商売繁盛・金運UPで有名な「一陽来復」のお札です。詳しい貼り方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。
この「一陽来復」のお札の元祖では? と密かに開運マニアの間で言われているお札があります。みなさんご存じですか?
それは穴八幡宮に隣接する法生寺というお寺でわけてもらえるお札で、なんとこちらのお札には「一陽来復」ならぬ、「一陽来福」の文字が書かれています。
 
そもそもこちらのお寺は、1642(寛永18)年、威盛院権大僧都・良昌上人(りょうしょうしょうにん)が、 高田八幡(穴八幡)の造営に尽力され、その別当寺として開創されたお寺なんだとか。
別当寺というのは、神宮寺(神社に付属して建てられてた寺)の1種で、神社境内に建てられ別当が止住し、読経・祭祀・加持祈祷とともに神社の経営管理を行なったお寺のことを言うのだそうです。
やはり、穴八幡と法生寺には深いつながりがあるということですね。
では、一陽来福の由来はどうなのでしょうか? 法生寺のホームページには、

「一陽来福は冬至を表す言葉「一陽来復」=陰極まって一陽が生ずると言う言葉に「来る」年も授与された方たち全てに沢山の「福」が来る様に、當山ご本尊を拝 むときに唱えます観音経の結びの「福聚海無量」=福聚(あつ)むること海の如く無量なり と言う偈文より「福」の字を取り「一陽来福」と名付けられました」

と載っていました。一方の穴八幡宮のお札は、

「江戸時代の元禄年間から行はれた穴八幡だけに伝来する長い伝統のある特別のお札。
近年付近の社寺等で類似の御守を出して居る様ですが、当社とは全く関係ありません。ご参詣の方は間違のない様穴八幡宮の御社殿でお受け下さい」

との注意書きもあるとか。
諸説や確執はあるようですが、開運したい人にとってはそんなことはあまり関係ありませんよね。同じ融通の神様でも、穴八幡宮はお金を融通してくれるのに対して、法生寺のお札のほうは、

「中でも融通は=滞りなく通じると言うことでご商売をされている方は基より、近年では人間関係(融通円満)を願う方も多く居られます」

とのことで、お金に限らず人間関係を円滑にするためのお札としても人気があるようです。
マニアの間では、穴八幡宮の「一陽来復」と法生寺の「一陽来福」の2枚のお札を並べて貼ると、より開運効果が高いと評判を呼んでいます。
法生寺でお札をわけていただけるのは、穴八幡宮の「一陽来復」のお札同様、冬至から節分(2月3日)までです。
お札をまだ買っていない! という方、まだ間に合います。至急早稲田へ向かい、両方のお札を手に入れてみてはいかがでしょうか。
お話歳時記早稲田の風景一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺
(涼月くじら)


(マイスピ)記事関連リンク
今年こそは行ってみる? 芸能人や有名人が参加する豆まきイベント特集!
もはやただの太巻きではつまらない!? 今年は「変わり恵方巻きレシピ&恵方巻きスイーツ」でひと味変わった節分を
節分飾りにも使われる「柊」はお守りを超えた最強の魔除けアイテム!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。