ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

うなぎをポン酢につけて味わう「うなぎのしゃぶしゃぶ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3月13日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、江戸時代に整備された五街道の一つである中山道で今昔の美味いモノを巡る旅の中で、藤吉久美子さんが「江戸前うなぎ彦星」(埼玉県さいたま市岩槻区)を訪れた。同店はJR浦和駅の西口から徒歩3分ほどにあるうなぎ料理の専門店だ。

最初に紹介された「蒲焼(並)」は、うなぎを秘伝のタレで焼き上げたお店自慢の一品。藤吉さんは早速頂くと「美味しい!すごい脂がのって、蒸してあるのに皮がしっかり感じますね…他の魚にない魅力がありますね!」とコメントした。

続いて、「うなぎのしゃぶしゃぶ」を紹介。フグ刺しのように薄切りにした新鮮な国産うなぎをカツオと昆布の出汁にくぐらせ、ポン酢を付けて頂く一品だ。運ばれてきた料理のボリュームに「うわ!これが1人前?こんなに?」と驚きの声を上げながらも一口頂くと、「うなぎが美味しい!歯ごたえがありますね。骨もちゃんと感じます。切れてる骨の…こんなことになるんですね。これ面白い!本当に薄いから火が入ってもポロポロと煮崩れない。うなぎの本来の味はこうだったんだなって、脂がのったブリとも違うコクがすごいあるっていう…最高ですね!」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:江戸前うなぎ酒場 彦星 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浦和のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:浦和×居酒屋のお店一覧
秘伝のしょうゆベースのタレで煮込んだ煮かつサンド
新感覚パンケーキの「ダッチベイビー」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。