ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Android 7.1を搭載したiPhone用ケースが発売に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世にも珍し Android を搭載した iPhone 用ケース「Eye」が ESI 社によって開発され、Kickstarter のクラウドファンディングを通じて発売されました。Eye は iPhone ケース型 Android スマートフォンで、OS には Android 7.1 を採用しており、一般的な Android スマートフォンを使用することのほか、iPhone の機能とスペックを Android を一体化することで強化できます。Eye のディスプレイは画質の良い 5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの AMOLED を採用しており動画視聴に最適。また、最大 256GB までをサポートした Micro SD カードスロットを搭載しており、Android 経由で iPhone のストレージ容量を拡張できます。また、Eye 側のディスプレイ内部には Qi コイルが内蔵されており、iPhone のバッテリーをワイヤレス充電できます。さらに、2 つの SIM カードスロットを装備しており、トータル 3 つの電話番号を一台の iPhone で待ち受けることができます。ただ、Eye にスピーカーとマイクはなく、iPhone のマイクとスピーカーで通話します。Eye と iPhoen は Lightning コネクタを介して接続する仕組みとなっており、Eye 内蔵の 2,800mAh バッテリーは Eye の動作のほか、iPhone 側のバッテリーを充電することも可能です。Eye には iPhone 6 / 6s / 7 用と、iPhone 6 Plus / 7 Plus の 2 モデルが用意されており、通常価格は $189 ですが、アーリーアダプター向けにはさらに安い価格で販売されています。発送時期は 2017 年 8 ~ 9 月以降です。Source : Kicksarter

■関連記事
BlackBerry HubがデュアルSIMやAndroid Wearの通知に対応
Googleは新たなVRデバイスを開発する計画? 最新の求人情報が示唆
Huawei、国内版「Mate 9」のソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。