ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

両国で斉藤和義ら、天国のムッシュにギター鳴らす

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

両国で斉藤和義ら、天国のムッシュにギター鳴らす
3月12日(日)、両国国技館で開催された「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by Volkswagen」。3回目の開催となる今回も、土俵に見立てたセンターステージで豪華アーティストたちが、ギターと歌声だけで勝負! 全8組が熱いライブパフォーマンスを披露しました!

この日、結びの一番で土俵入りしたのは斉藤和義。全身黒のコーディネートにワンポイントとしてあしらったエメラルドグリーンの靴が目を引きましたが、気にする暇もないまま、1曲目から「ずっと好きだった」を披露し、会場は一気にヒートアップ!

2曲目の「マディーウォーター」を歌い終えると、「花粉症で鼻水が出てしょうがないので…」と、花粉症に苦しんでいる事実を明かし、鼻声で「イエーイ!」と会場を盛り上げました(笑)。途中、観客から「大丈夫〜!?」と心配する声も上がりましたが、「(鼻をかみたくても360度客席に囲まれているので)どこも隠れるところがない…(笑)」と斉藤。しかし、歌い出せば歌声は鼻声どころか、観客一人ひとりの心を揺さぶるパワフルさ。さすが、横綱級の貫禄を感じさせました。

「歌うたいのバラッド」をしっとりと歌い上げた後、ラストソングの「ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜」で会場の盛り上がりは最高潮に。アコギの疾走感溢れる歯切れの良いカッティングで、両国国技館を揺らしました!

1.ずっと好きだった
2.マディーウォーター
3.遺伝
4.ウサギとカメ
5.歌うたいのバラッド
6.ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜

そして一日のラストは、竹原ピストル、マキタスポーツ、石崎ひゅーい、山内総一郎(フジファブリック)、miwa、トータス松本、ハナレグミ、浅井健一、斉藤和義、オープニングアクトの関取花、ゲストアクトのカノエラナ、総勢11名の出演者全員が土俵に上がりました。

斉藤が「感謝の気持ちを込めて…」と語り、先日惜しまれながらもこの世を去った、ムッシュかまやつさんの「我が良き友よ」を、それぞれ11本のギターと11人の歌声で、観客と共に大合唱! この日、会場が一つになった瞬間でした。きっとこのとき、天国のかまやつさんも一緒にギターを弾いて歌っていたことでしょう。12人目の出演者として。

なお、この日のライブ音源は、ラジオ(J-WAVE)、テレビ(BS朝日)でオンエアが予定されています。まずは、3月19日(日)23時―23時54分、3月26日(日)23時―23時54分のJ-WAVEの番組「SUNDAY SESSIONS Volkswagen J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE SPECIAL」(ナビゲーター:藤田琢己)にご期待ください!

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE」フォトレポート公開中!
http://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。