ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しきドット絵の2D探索アクション『Momodora:月下のレクイエム』 PS4,Xbox Oneで3月配信決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インディゲーム配信を行う「PLAYISM」は、PlayStation Storeにて3月16日より、Xboxストアにおいては3月17日より、精緻に描かれたドット絵が光る2D探索アクションゲーム『Momodora:月下のレクイエム』を配信開始することを発表した。

『Momodora:月下のレクイエム』

 
Steam おすすめ 名作 ゲーム
  
『Momodora:月下のレクイエム』は、インディーゲームディベロッパーのBombserviceが手掛ける『Momodora』シリーズの4作目。広いマップを探索するタイプの2D横スクロールアクションで、いわゆる「メトロイドヴァニア(※)」と呼ばれるジャンル。

(※『メトロイド』と『キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラの英題)』を合わせた造語。)

本作でまず印象的なのが、ドット絵で描き込まれたビジュアル。特にすばらしいのは「動き」の部分だ。ドット絵のレトロな印象を受けつつも、なめらかに動くキャラのアニメーションはまさに現代の産物。プレイ中、主人公の司祭・カホのやわらかい走りモーションや、ヒットストップがビシッとかかる攻撃モーションも気持ちいい。また、待機モーションで見せてくれるあくびなどもかわいらしい。

本作はジャンプ&アタックを基本としたスタンダードな2Dアクションだが、「カエデの葉」を使った近接攻撃の他に、弓矢による遠距離攻撃、2段ジャンプや回避の前転など、初期状態からアクションが豊富。さらに、探索中にゲットしたアイテムでアクションが増えていくため、カホはだんだんと高性能キャラクターとなっていく。

通常の敵の攻撃で体力の大半が奪われてしまうバランスだが、敵への攻撃ヒット時にビシッとかかるヒットストップとともに発生する、長いのけぞりモーションがチャンスとなる。1発当てれば敵の攻撃を中断させられるため、先手必勝だ。また、のけぞりモーションの最中は無防備なので、追撃でコンボを狙える。早い話が、1発当てれば「ずっとオレのターン!」となる。先手をとれず、敵の攻撃を許してしまうと非常に痛い反面、1発でも当ててしまえばなんとかなるので、リスクとリターンのバランスが取れている。

本作は3~4時間程度でクリアできるボリュームだが、本作の真髄は周回プレイにある。クリア後、アイテムやマップなどのデータを引き継いでの2周目が可能となっており、思う存分マップを埋めたりアイテムを収集することが可能なのだ。歯ごたえのあるアクションを求める人におすすめの作品となっている。(日本語対応)

(関連記事)
メトロイドヴァニアのツボを押さえた『Momodora:月下のレクイエム』は美しくもダークな夜想曲
Steamハロウィンセール開催中!おすすめインディゲーム18選
『ゼルダ』や「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』は美しくもムズかしいアクションRPGだった

[基本情報]
開発元: Bomb Service
販売元: PLAYISM
ジャンル:2D 探索アクションゲーム
対応機種: PlayStation®4 / Xbox One
発売日:PlayStation®4 2017 年 3 月 16 日(木) / Xbox One 2017 年 3 月 17 日(金)
販売価格:980 円/9.99 ドル(税込)
CERO:B
© 2016 Guilherme Melo Martins. All Rights Reserved.

関連記事:

美しきドット絵の2Dアクション『Hyper Light Drifter』 PS4パッケージ版が販売予定
一騎当千の少女が戦うアクションゲーム『クロワルール・シグマ』 PS4パッケージ版発売開始
『LIMBO』のplaydead新作『INSIDE』 PS4で配信開始

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。