ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ハナレグミがギタージャンボリーでレアなコラボ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ハナレグミがギタージャンボリーでレアなコラボ
豪華アーティストによるギター弾き語りの競演「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by Volkswagen」が、3月12日(日)、両国国技館にて開催されました。ここでは、ハナレグミのステージの模様をお届けいたします!

ハナレグミは休憩を挟んだ後半2組目に登場。ステージに上がると観客から一斉に「タカシ〜!」というコール(笑)。それに対して「そんなに『タカシ』って呼ばれると、『タカシなんだなぁ』って確認しますね。どうも! タカシです!」と応えて会場を笑いに包みました。しかし、1曲目の「音タイム」が始まると、その第一声から観客は心を奪われます。このギャップがハナレグミのライブの醍醐味です。

その「音タイム」を歌い終わると、ある日に沖縄行ったら、と話しはじめるハナレグミ。たまたま知り合った人がフリースクールの先生で、「歌えるなら学校で歌ってよ」と言われ、本当に歌いに行くことになったそう! 沖縄らしいノリですね。

そこでのちょっぴり切ない(?)エピソードを踏まえて、くるりの「男の子と女の子」カバーを披露。切なくも笑える話を聞かされた後でも、やはり名曲。そしてその歌声。観客を引き込み、歌い終わった後には大きな拍手が湧き起こりました。

一転、アップテンポの「明日天気になれ」では、歌詞の「天気になれ」でコール&レスポンス。さらにラストとなる5曲目では、「ここでせっかくなんでゲストを」と、会場がどよめく中、先にステージを終えていた山内総一郎を呼び込みました。もちろん会場は大盛り上がり!

ステージに上がった山内へ、曲を始める前にハナレグミからこんなリクエストが…。

「最初は星を降らせてほしい」(ハナレグミ) 。しかし、その星のイメージというのが、なぜか叶姉妹(笑)。彼女たちが着ていそうなドレスの“スパンコールのひとかけらっぽい星”という、かなりな無茶ぶり(笑)。しかし、これに「わかりました(笑)」と受けてしまう山内。さすがです(笑)。

そんなリクエストで演奏された曲は、「ハンキーパンキー」。山内の奏でるエレキギターに、本当に星空が見えた人もいたのでは? それくらい素晴らしい共演でした。スペシャルなコラボでステージを締めくくったハナレグミ。観られた人は本当にラッキーでしたね!

なお、このライブの音源は、ラジオ(J-WAVE)、テレビ(BS朝日)でオンエアが予定されています。まずは、3月19日(日)、3月26日(日)の23時―23時54分、J-WAVEの番組「SUNDAY SESSIONS Volkswagen J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE SPECIAL」(ナビゲーター:藤田琢己)にご期待ください!

1. 音タイム
2. 男の子と女の子
3. きみはぼくのともだち
4. 明日天気になれ
5. ハンキーパンキー(with 山内総一郎)

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE」フォトレポート公開中!
http://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。