ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

地球儀にもAR化の波!裏側までのぞける「Orboot」がすごい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Orboot1地球儀をながめながら「この国行ってみたい」「あの国行ってみたい」と夢を膨らませる子供たちに朗報だ。子供たちの夢をまさに「拡張」してくれる地球儀がKickstarterに登場したのだ。

それがKickstarter登場後たったの4日で目標金額の資金調達を達成したAR地球儀の「Orboot」だ。

・より「深みのある」学習が可能に!

今までの地球儀はなんともそっけなかった。地球上の大陸と地名が無機質に球体に描かれているだけだからだ。

しかしこのAR地球儀「Orboot」にタブレットやスマートホンの専用アプリを通してカメラをかざすと、画面上に各地名特有の3D画像が浮かびあがるようになっているのだ。しかも3D画像は目の前で動きはじめる。

Orboot2

また浮かびあがる3D画像とともにそれにまつわる物語もあわせて聞くことができるため、視覚、聴覚を刺激しながら地理についてより深く学ぶことができる。これなら子供たちも飽きずに勉強に取り組めるのではないだろうか?

・8種類のコンテンツから好きな分野を選択

現状Orbootで楽しめるコンテンツは「動物」「建造物」「食」「発明」「自然」「文化」「政治地図」「気候」の8種類だ。子供たちが自分の興味ある分野を選んで楽しめる点も素晴らしい。

コンテンツ内には動物にえさを与えたり、クイズに答えたりと、子供たちの学習をうながすためのさまざまなギミックもしかけられている。まさに「地球の裏側」をのぞける地球儀といえるだろう。

Orboot3

本プロダクトはKickstarterで2017年4月5日まで資金を募っており、地球儀と3コンテンツのみのものであれば29ドル(約3300円)で注文ができる。「地球儀はただの球体」という常識は今後変わっていくのかもしれない。

Orboot/Kickstarter

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。