ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ミニストップが企画・開発!トップバリュのサンドイッチ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ミニストップが中心となって企画・開発した「トップバリュ サンドイッチ」最大10品目が、全国のイオングループ4800店舗(沖縄を除く)にて、3月22日(水)より販売される。

これは、グループで最も高いノウハウを持つミニストップの企画力と、グループのスケールメリットを最大限に活用し、素材・製法にこだわり“おいしさ”を進化させながら、手軽な価格を実現したもの。なお、ミニストップがトップバリュ商品を開発するのは、今回、発売するサンドイッチが初めてとのことだとか。

しっとり、ふわふわパンは、最良質の小麦粉を使い、小麦本来の味と香りを引き出すこだわりの製法で作った。高まる健康志向に応え、「野菜ミックスサンド」260円(税抜)は、新鮮シャキシャキ野菜の量を約30%増量した。

このほかにも、「ミックスサンド」232円、「レタスサンド」232円、「ジューシーハムサンド」260円、「ベーシックサンド」232円、「ハムたまレタスサンド」260円、「てりたまレタスサンド」276円、「たっぷりツナたまごサンド」204円、「たっぷりたまごサンド」204円、「ハムカツたまごサンド」213円(いずれも税抜)をラインナップ。

主な販売店舗は、「イオン」、「イオンスタイル」、「ミニストップ」、「イオンスーパーセンター」、「マックスバリュ」、「ダイエー」、「ピーコックストア」、「KOHYO」、「マルナカ」、「山陽マルナカ」、「ザ・ビッグ」、「アコレ」、「まいばすけっと」など。

バリエーションに富んだサンドウィッチで、選ぶ楽しさを与えてくれそうだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。