体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリーランスエンジニアが考える「フリーランスエンジニア」という働き方とキャリア形成とは?

フリーランスって、実際どう?

この記事では、業界大手のフリーランスエンジニア専門エージェント「レバテックフリーランス」を運営するレバレジーズのDevelopers Summit 2017のセッション、および登壇者への追加取材をもとに「フリーランスエンジニア」という働き方を考えてみたい。

レバレジーズがフリーランスという働き方をフリーランスのエンジニア自身の言葉で伝えたいという意図で行ったセッション「エンジニアのキャリア形成における、フリーランスの位置付けとは」より(左から進行のレバレジーズ株式会社 レバテック事業部 事業部長 林英司 氏、合同会社ほげ技研代表社員 小山哲志 氏、フリーランス 水野竜与志氏)

前提条件として、二人がフリーランスになった経緯だが、「流れのまま」という小山氏に対し、水野氏の場合は将来的に目指しているスタートアップの途上でのフリーランスというスタンス。これまでの経験やバックボーンなども含めて、収入やモチベーション、仕事を維持するためにしていることなど、フリーランスの実際のところを語ってくれた。

まず、気になるところとしては「収入」だ。会社員時代と比べて良くなるのか、悪くなるのか。大体の想像はつくが、実際のところはどうなのだろうか?

水野:実績を詰めば積むほど、年々収入は上がってきています。初年度に関しては、会社員時代に比べて手取りで1.5倍くらいでした。ただ、これが難しいところで初年度は手取りが魔法みたいに増えたと思っていたんですが、フタを開けてみると、翌年の住民税が増えたり、事業所得税などがかかってきました。会社員のときと比べて確かに手取りは多いんですが。なので、活動内容や人との関わり方にもよりますが、一概にみんなが揃って正社員よりも多いとは言えないですね。

水野氏は、2年間会社員として会計事務所系のサービス(コンサル)に従事し、その後、WebのUI/UXのクリエイター&サーバサイドのエンジニアとしてフリーランスで働く。フリーランスになり、いま4年目。1年目のこの失敗で2年目で以降は税金対策を学ぶべく、セミナーに参加するなどして勉強したという。

一方、最近は優秀なエンジニアにきちんと対価を払うという流れも一部のベンチャーに見られる現象で、どっちがいいというのはあまりないのではないかというのは小山氏。

小山:結果を出して、やり続けることで単価の良い仕事につながる。そこで稼ぎ続けることは、場合によっては可能だと思います。ただ、フリーランスは仕事がなければガクッと収入は下がります。発注側のタイミングもありコントロールできないことが多いため、蓄えがないとつらいかなと思います。

エンジニアとしてのキャリアが長い小山氏。仕事がなくなったときに次の仕込みをしたり、記事を書いたり、次に繋がる何かをすることが重要だと指摘する。

小山氏というとOSSのコミュニティ活動やブログや雑誌などへの技術記事の寄稿など、活発な情報発信を行っている。TwitterやFacebookなどの日々の投稿でよく小山氏のアイコンを見かけるという人も多いはず。こうした情報発信は、エンジニアとして技術的になまらないために意識して行っていることだ。

小山:IT業界は次々と新しいものが出てくるので、興味のあるものがあれば突っ込んで調べる、というのをやり続けています。特に3年くらい前から、何か興味があるものに関して発信することは意識をしてやっています。発信するところに情報が集まるというのはネットコミュニケーション時代の摂理なので。

この点は水野氏も同様の考えだ。「自分をブランディングする」という言い方を用いるが、仕事を提供してくれる人に必要とされるためにはどうすればいいかという観点で、サーバサイドに強いUIクリエイター、デザインよりのサーバサイドエンジニアとして自分に必要なスキルを定め、身に付ける努力をしているという。

フリーランスの仕事はどこから来る?

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。