ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「鮭と熊」になりきる練習!? 知られざるアイスホッケーの世界とは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「鮭と熊」になりきる練習!? 知られざるアイスホッケーの世界とは!?

今回お話を伺ったのは、太田プロダクション所属のお笑いコンビ「六六三六」の柴田さん。北海道出身であり、14年間もアイスホッケーをしていたという、ステージの上では滑り知らずの柴田さんが教えてくれた「知られざるホッケーの世界」とは!?

0543-2

過酷なスポーツなんです

小学生の頃からアイスホッケーをしていた柴田さん。出身は、北海道は札幌の手稲。雪国らしく、子供の頃からホッケーをやらせてくれる土壌があったという。中学校ではクラブチーム、そこから高校、大学とアイスホッケーに明け暮れた。現役時代は、体重が80キロもあった。まず10キロを走った後で学校へ行き、授業が終わってからはまた10キロ走り、筋トレをして、短距離走もこなし、また最後に10キロ走って終わるというキツい練習を毎日のようにこなしていた。

「鮭」

体育会系の部活にありがちな伝統と言えば、先輩たちからの理不尽な「しごき」だが、柴田さんもその洗礼を受けたひとり。柴田さんが通っていた学校のアイスホッケー部には、とある変わった「伝統」があったのだそう。 いつもランニングで使っている河川敷を、普段通り走っていた部員たち。そこはすごく浅い川だったそうなのだが、ある時、上級生たちが集合し「じゃあ、今日はあれやるか」とざわめき始めた。「何だろう」と当然怖がった柴田さんたち。すると3年生は「じゃあ今日は鮭やるわ。鮭」とにやにやしながら言い出した。

1年生は、とりあえず裸になって一旦川行け」と急かされ、言う通りに服を脱いで川に向かうと、なんと、その川を泳がされることになったのだという。「鮭になりきって卵を産みに行け」、つまりは、流れに逆らって川を泳げという先輩からの命令。後輩としては当然逆らえず、言われた通りに泳ぐのだが、川が浅い為、すぐに底にぶつかってしまい体中が血だらけになる。そして、一番速かった者には、ご褒美として飴が手渡されるのだそう。「飴なんかいらねえよ」と思わずにはいられなかった柴田さんだったが、実際に1位になって貰った飴は、とても甘く、いつもよりも遥かに美味しく感じたそうだ。

「熊」

北海道ならではのネーミングなのか、他にも「伝統的な」練習として「」というメニューがあったという。丸太を担いで登山道を走り、頂上に向かう。すると上級生が「お前たちは登山道じゃなくてこっちから帰れ」と指示をし、下級生である柴田さんたちは、獣道さえもない道なき道を走って帰らされる。そして、道中で先輩を見付けたら「ああ!」という声を共に、その先輩の前に走って出て行かなければならないのだそう。文字通り「熊」になりきる。すると先輩は、近付いてきた後輩をビンタする。後輩は「すみませんでした」と謝って、また山道に戻るのだとか。熊は熊でも、気の弱い熊を演じなければならないのだ。ちなみに、先輩たちによる理不尽なしごきを受け、同級生同士の横の繋がりは強くなったそうなのだが、それでもやはり、無意味な悪習であることに変わりはなく、柴田さんたちは、自分たちが最上級生になったタイミングで、それらの練習を全て廃止したそうだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。