ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体の左半分しか麻酔が効いてない〜!? ハプニングだらけの無痛分娩

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160923200705j:plain

出産を経験するまで、無痛分娩と言えば、まったく痛みがないものだと思っていました。旦那も同じ考えで「無痛分娩がしたい?でも痛みを感じるから、母性が育まれるんじゃないの?」とねぼけた発言で、私の逆鱗に触れることに・・・!

「じゃあ父性はどこから来るの?気持ちいい思いしか、してないじゃん!」と怒りをぶつけ、さっさと無痛分娩が得意な病院を探しました。

私が選んだのは、24時間365日無痛分娩ができる病院。硬膜外麻酔で下半身の痛みを取り、完全無痛でお産をします。

けれども、初産の時は、なかなか子宮口が開かなくて、お産を進めるために、麻酔を一度止めることに。陣痛促進剤を打つと、みるみると陣痛の波が訪れ、酷く重い生理痛くらいの痛みに1時間ほど耐えてから、再び麻酔を入れて出産に至りました。いわゆる和痛分娩です。

自然分娩に比べれば、耐えられる痛みでしたが、無痛分娩の出産費用は80万円前後。(自然分娩の場合は35~50万円程度)正直、割に合わないと思う部分もあり、2回目の出産こそ和痛分娩ではなく、完全な無痛分娩を目指そうと思っていました。

そこで2回目の出産の際は、ほんの少しでも痛みを感じたら、すぐに助産師さんに訴えて、麻酔を追加してもらうことに。陣痛がまったくこないかわりに、赤ちゃんが降りてきやすいよう、腹式呼吸でお腹に力を入れて、下へ下へ押し出していきました。 関連記事:無痛分娩のはずなのに…!絶え間ない激痛に大ショック!!

経産婦ということもあって、お産の進みは早く、痛みもまったくない。「これから出産してきまーす!」とTwitterやLINEで、出産宣言をする余裕すらありました。分娩台の上でも余裕で、立ち会ってくれた長女や旦那とおしゃべりできるくらい。ところが、いよいよお産が目前になった時、右側に鈍い痛みが走りました。

「間違いない。最初にジャンジャン入れた麻酔が切れかけている・・・」

徐々に陣痛の痛みが来るのではなく、突然痛みゼロの状態から子宮口マックスの時の激しい痛みが襲ってくる恐怖と言ったら!

心の準備、で・き・て・ま・せ・ん!!

右下半身だけにビンビンと来る陣痛の痛み。骨盤の内側から、乱暴に金づちで叩かれて、メリメリと割れてしまいそうな感覚。

痛みに焦って「右側、麻酔効いてませんーーー!」と叫ぶと、助産師さんが「もう赤ちゃんの頭が見えているから、間に合うか分からないけど・・・麻酔1ショット追加お願いしまーす!」と言いました。

「1ショット追加」って、スタバか・・・。

突然の痛みで、変なテンションになり、助産師さんはスタバ店員に、分娩台はバーカウンターに思えて、笑いが止まらなくなりました。

結局、追加の麻酔は間に合わず、右側だけ激痛による震えと、変なテンションの笑いが止まらないまま、第二子を出産しました。

今回も、完全無痛とはほど遠い結果にガックリ。半身しか麻酔が効いていなかったんだから、高い無痛分娩の費用の内、麻酔費用を半額にして欲しいと思う私は、セコイのでしょうか・・・(遠い目)。 関連記事:痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア

著者:つくこ

年齢:35歳

子どもの年齢:3歳と1歳

プリキュアが大好きな3歳女児と、電車にハマる1歳男児のママ。我が家の家訓は「家族で美味しいものを食べれば、いつだって幸せ!」子供を叱りすぎた時は、一緒にオヤツを作って仲直り。旦那と喧嘩した時も、好物をこさえて即解決。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

無痛分娩にしてよかった!
無痛分娩のはずなのに…!絶え間ない激痛に大ショック!!
破水?尿漏れ?おりもの??プチパニック!深夜の大検索!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。