ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【Interview】一人ひとりのアイディアを確実に伝える情報共有ツール「Kibela」に大接近

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kibera_1強い組織作りのために、必要なものは何か。それは、情報共有だ。“ホウ・レン・ソウ”が合言葉だった時代から、変わることのない法則と言えるだろう。

3月1日にリリースされた「Kibela(キベラ)」は、個人の発信を組織の力にする、新しいタイプの情報共有ツール。組織の規模は問わない。少人数のスタートアップはもちろん、大人数の企業でも滞らせることなく、適切に情報を届けることができるという。

提供元は、2014年創業のビットジャーニー。クックパッド勤務を経て起業した代表取締役の井原 正博(いはら まさひろ)氏に、話を聞いた。

・単なるドキュメント共有におさまらない組織、文化を形成するツール

Q1:まずは、「Kibela」提供のきっかけからお聞かせください。

kibera_2前職のクックパッド社では「Groupad」という社内情報共有サービスを使って、社員同士のコミュニケーションや知見の共有が行われていました。個人が調べたことや学んだことを社内共有し、一人の発信を組織全体の力にしていることが、クックパッドという組織の強みの一つだったと思います。

こうして情報共有を行うことで、より良い組織が増え、より良いものづくりが増え、社会がより良くなる。この「Kibela」というサービスを提供することで、それを支えられれば、というのが最初の想いです。

Q2:他の情報共有ツール(ビジネスコミュニケーションツール)との決定的な違いは、どこにあるのでしょうか。

kibera_3個人の発信をサポートすることに重きを置いている点です。「Kibela」開発のきっかけにも関連しますが、クリエイティブな組織を強くするためには、個人の発信量が鍵だと考えています。「Kibela」はドキュメント共有ツールの枠に留まらず、組織や文化形成を支援するツールになることをめざしています。

また、数十人規模の比較的小さなチームだけでなく、数百人規模の組織であっても、オープンに情報を共有できるように設計しています。社内のエンジニアだけではなく、組織内の誰もが使えるツールをめざし、引き続き開発を続けていきます。

・100人の発信が1万個のオープン情報に変化する

Q3:「Kibela」を利用することで、ビジネスの効率はどのように変化するのでしょうか。

kibera_4例えば100人の組織で、各人が調べた情報や得た知見を発信しなかった場合、個人の中に閉じ込めれた情報は、100個ある状態です。しかし、100人全員がそれを発信すると、100個 × 100人で10,000個のオープンな情報に変わります。

他人の出力を自分の入力にすることで、また一から調べ直す時間を削減できますし、どんどん入ってくる新しい情報を活かしながら、自分の成果を出すことに集中できるのでは、と思います。

Q4:今後の展開で決まっていることがありましたら、教えてください。

kibera_5直近では、類似ツールからの移行支援、検索の機能拡充や精度向上、スマートフォン、ウェブ版のブラッシュアップなどを予定しています。また、エンタープライズと言われるような大企業の選択肢にもなれるよう、監査ログやSAML対応など、管理者向けの機能拡充や、セキュリティ面の対応を行ってまいります。

現在は日本語と英語のUIを用意していますが、日本国内だけではなく、世界で使われるツールになることをめざし、ローカライズにも努めていく予定です。

その他、細かな使い勝手の改善や機能追加は、日々行っています。5名以下であれば、無料でお使いいただけますし、有料プランでは2ヶ月間の試用期間を用意しています。この機会にぜひ、お試しください。その際、ご意見などもいただければ幸いです。

(取材・文 乾 雅美)
Kibela

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。