体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「宇宙食シリーズ」初体験! JAXA開発1パック 2,700円「スペースカレー」を食べてみた【お取り寄せ】

「宇宙食シリーズ」初体験! JAXA開発1パック 2,700円「スペースカレー」を食べてみた【お取り寄せ】 f:id:Meshi2_IB:20170116205513j:plain

どうも、こんにちは! SF大好き、放送作家の秋本です。今回はそんなSF好きの私がみつけた、お取り寄せをご紹介します!

有名なSF映画の最新作も大きな話題となったこともあり、『メシ通』でも宇宙的な記事を、と思いたって取り上げてみたのが今回のお取り寄せ、

「SPACE CURRY(スペースカレー)」!

このカレーは名前の通り“宇宙長期滞在中に食べるカレー”をコンセプトに、レトルトカレー製造販売で有名なあの「ハウス食品株式会社」と“日本のNASA”こと「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が特別に共同開発したという“知る人ぞ知る”高級レトルトカレーなのです。

その特徴として、無重力状態で食べることを想定して「ウコン」や「カルシウム」を多く含み宇宙空間での食生活をサポート! 味わいは通常よりも濃い、スパイシーな仕上がりになっているのです。

え!? 宇宙だと味覚が鈍るの!? そんな疑問も抱きながらも早速その「スペースカレー」を購入してました。

ここで注意して頂きたいのはこの商品、一般販売はされておらずハウス食品公式通販サイトにてお取り寄せのみ購入ができる「通販商品」です。

https://www.house-direct.jp/product/spacecurry

※こちらのサイトで、1パック 5個入り 2,700円で購入することが可能!

私も、簡単な無料会員登録後すぐに購入できました。(送料は、サイト内でご確認ください)

そして購入から数日後……

f:id:Meshi2_IB:20170116205513j:plain

デーーーン!! 到着!!!!

見てください、この圧倒的存在感。

パッケージのメタリックなツヤ感と、デザインは宇宙的なカッコよさバツグンです。

その興奮が冷めやらぬうちにすかさず商品を開封します!

f:id:uchitomi:20161219184728j:plain

出てきたのはカレールーの入ったパックがひとつ。レトルトカレーでは至って珍しくない銀色のパック。

これは宇宙食のイメージがいまだにチューブ状や一口サイズの固形物から抜けていない私からしてみれば、これが本当に宇宙食なのかと疑ってしまうほど全くもって普通のレトルトカレーです。

しかし、パッケージと並べてみるとその袋は宇宙食のような無機質さにも感じられる!

期待が十分に高まったところで調理開始! 裏面に記載の作り方や注意事項を熟読すると……、

f:id:Meshi2_IB:20170116205922j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。