体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本日発売の新生『ザ・プレミアム・モルツ』を旧製品と飲み比べ! 華やかな香りと余韻の持続ぶりを、徹底検証

2017年2月末から実施されたプレミアムフライデーに合わせて、全国5万店舗の料飲店で先行提供された新生『ザ・プレミアム・モルツ』。それがついに3月14日に全国発売されることになった。今回は旧製品と飲み比べすることによって、どれほどうまくなったのかを検証してみた。

プレミアム・フライデーに合わせて料飲店で先行提供された話題作。見分けはThe PREMIUMの文字の大きさで判別しよう

数あるビール製品の中でも、品質の高さを追求したプレミアムビール、そのシーンを牽引してきたのが、”プレモル”の愛称で親しまれる「ザ・プレミアム・モルツ」。源流である「モルツ・スーパープレミアム」が誕生したのが1989年、「ザ・プレミアム・モルツ」の名称となったのが2003年、2012年にダイヤモンド麦芽を加えたリニューアルを行い、今回5年の歳月を経て、新生することとなった。


すでにこの新生『ザ・プレミアム・モルツ』は、プレミアムフライデー開始に合わせ、全国5万店舗の料飲店で先行提供されていることもあり、飲んだことがある人もいるかも。今回はそんなサントリー新生『ザ・プレミアム・モルツ』(350ml・実勢価格 税込208円・2017年3月14日発売)と、前製品・旧「ザ・プレミアム・モルツ」を飲み比べて検証してみたいと思う。ちなみにパッと見では判別しにくいが、The PREMIUMの文字が大きくなっているのが新商品だ。さらにロゴの下部、「ザ・プレミアムモルツ」とカタカナで書いてあるのが旧製品で、「SUNTORY ザ・プレミアムモルツ」と書いてあるのが新製品。


ただ天然水醸造及びダイヤモンド麦芽の使用もすでに採用されていたもの。煮沸回数を通常一度のところを、二度にして濃厚な麦汁を生み出すダブルデコクション製法、2〜3度に分けてホップを追い足し投入するアロマリッチホッピング製法なども既存の製法。


今回は3月14日から「香り、コク、香り実感キャンペーン」を実施。シールを集めれば、サントリー認定プレミアム達人店の樽生ビール注ぎのプロが監修した、缶専用サーバーもしくはグラスが絶対もらえるとのことで、そのサーバーとともに検証する。

華やかな香りと余韻。その持続性が高まっているというのでストップウォッチで計測!


まずはプレモルの愛称で人気を博した旧製品「ザ・プレミアム・モルツ」から。デザイン的に単独だと見分けがつかないが、比べるとわかる。グラスに入れると黄金色が濃い方が新作。


ふわりとしたソフトな滋味溢れる豊かな味わいは、さすが。ビールらしさも強く、本格派の味わいはやはりプレモル。上質ぶりは間違いない。条件を共通にするために缶専用サーバーも使用してみたが、泡がマイルドになるぶん、さらに美味しくなる。これをどう変化させるのか、すごく気になってきた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。