ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

竹原ピストル感激「こんな大歓声は4年に一度」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

竹原ピストル感激「こんな大歓声は4年に一度」
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by Volkswagen」が3月12日(日)、東京・両国国技館にて開催されました。ここでは全8組によるライブのトップバッターを務めた、竹原ピストルのライブの模様をお届けします!

土俵に見立てたセンターステージのまわりは、360度どこを見渡してもお客さんがギッシリ。そこに、まさしく国技館らしい「ひが〜し〜、竹原ピストル〜」の呼び出しで竹原ピストルが登場すると、場内9,000人の観客から割れんばかりの拍手が起こりました。竹原は「素敵に呼び込んでいただいて、感激です」と挨拶をした後は「ドサ回り数え歌」「LIVE IN 和歌山」「よー、そこの若いの」と立て続けに披露し、観客を魅了しました。

続いて「景気の良いやつ、やります」との一言で「みんな〜、やってるか!」から、言葉少なに2曲を熱唱。

「初めてお会いする方々、ありがとうございます。さっきみたいに、名前を呼ばれただけで観客の声援を浴びながら登場するなんて…4年に一度あるかないか、なので、めちゃくちゃ嬉しいです。次に『わー』って言ってもらえるのは東京オリンピックの後なんじゃないかと。気が遠くなりますね(笑)」と笑いを誘いつつ、挨拶をしました。

続く曲でさらに観客を酔わせ、竹原が自分なりに歌詞を付けたという「Amazing Grace」、そして最後は、自身のライブでは必ず行うというポエトリーリーディング。「のろし」をポエトリーリーディングで披露し、魂のこもった10曲で、あっという間に駆け抜けて行きました。

いずれも曲の長さや、雰囲気の異なる曲。竹原が「色々なバリエーションの曲を用意したので、一曲でも聴いていけたら」との思いで選んだそうです。

なお、このライブの音源は、ラジオ(J-WAVE)、テレビ(BS朝日)でオンエアが予定されています。まずは、3月19日(日)23時―23時54分、3月26日(日)23時―23時54分の2週にわたるJ-WAVEの番組「SUNDAY SESSIONS Volkswagen J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE SPECIAL」(ナビゲーター:藤田琢己)にご期待ください!

1.ドサ回り数え歌
2.LIVE IN 和歌山
3.よー、そこの若いの
4.みんな〜、やってるか!
5.ねぇねぇくみちゃん、ちゃけらっちょ〜!!
6.Forever Young
7.キャリーカートブルース
8.俺のアディダス 〜人としての志〜
9.Amazing Grace
10.のろし

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE」フォトレポート公開中!
http://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。