ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

石崎ひゅーい&マキタスポーツ、共演で“後光”差す?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

石崎ひゅーい&マキタスポーツ、共演で“後光”差す?
3月12日(日)、両国国技館で開催された「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by Volkswagen」。土俵に見立てたセンターステージで豪華アーティストたちが、ギターと歌声だけで勝負! 全8組が熱いライブパフォーマンスを披露しました!

竹原ピストルに続き、2組目の出演アーティストとして「夜間飛行」をSEに土俵に駆け上がったのは、同曲を歌う石崎ひゅーいと、マキタスポーツの二人。意外な組み合わせと思いきや、実は二人は同曲がエンディングテーマとして書き下ろされたドラマ「みんな!エスパーだよ!」(テレビ東京)がきっかけで親交を深めたそう。

まず、ギターを抱えたのはマキタ。石崎に「見守ってて」と懇願し、なんと石崎は客席に用意された椅子へ…! マキタは「緊張してます」と胸中を明かしつつ、そうは見えないアレンジと歌声で1曲目の「芸人は人間じゃない」を歌い上げ、2曲目「上京物語」では、曲前の「東京を目指して19で家を飛び出したんですけど…東京に着いたのは28のときで」という一言に会場は大ウケ。さらに歌マネを交えつつ、爆笑の渦へと巻き込んでいきました。

土俵に戻った石崎は「マキタさんの後、妙なやりづらさがあるんですけど頑張ります(笑)」とポツリ。今度はマキタが客席に用意された椅子に座って石崎を見守ります。

そして「個人的なことなのですが、僕の友達が彼女と別れて、そいつのために歌います」と石崎が演奏したのは、「お前は恋をしたことがあるか」。続く「さよなら、東京メリーゴーランド」では、激しいシャウトで会場の観客を圧倒。3曲目にしっとりと歌い上げた名曲「花瓶の花」は、きっと多くの観客の涙腺を崩壊させたことでしょう。

ラストは、石崎が弾き語り、マキタがマラカスを振り踊る「夜間飛行」。大盛り上がりのステージとなりましたが、出演後のトークで意外な事実も…。

マキタ:ステージに立つひゅーいの対角線上にライトがあって。ひゅーいがズレると、そのライトの光が俺の“頭”に当たって、それが乱反射するという不思議な特殊効果が生まれました。そして客席を照らしだす…という。
石崎:そうなんです! だから歌ってるときは、なるべくそちらを見ないようにしていました(笑)。

なお、このライブの音源は、ラジオ(J-WAVE)、テレビ(BS朝日)でオンエアが予定されています。まずは、3月19日(日)・26日(日)、23時―23時54分のJ-WAVEの番組「SUNDAY SESSIONS Volkswagen J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE SPECIAL」(ナビゲーター:藤田琢己)にご期待ください!

1.芸人は人間じゃない(マキタスポーツ)
2.上京物語(マキタスポーツ)
3.オレの歌(マキタスポーツ)
4.お前は恋をしたことがあるか(石崎ひゅーい)
5.さよなら、東京メリーゴーランド(石崎ひゅーい)
6.花瓶の花(石崎ひゅーい)
7.夜間飛行(石崎ひゅーい+マキタスポーツ)

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE」フォトレポート公開中!
http://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。