体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

進化系「カプセルホテル」がすごい!覚えておきたい厳選4店(首都圏編)

f:id:kensukesuzuki:20161209172524j:plain

思わぬ残業、盛り上がった飲み会などで、うっかり終電を逃してしまったとき、どこで夜を明かしますか?カラオケやネットカフェでは身体が休まらないし……というときに「奥の手」として活用したいのがカプセルホテルです。

カプセルホテルといれば温泉やサウナも魅力。昨今のサウナブームもあり、すでにカプセルホテル愛好家の方も多いかもしれません。しかし、いまカプセルホテルというジャンルは大きな進化を遂げています。サクッと泊まれる手軽さやコスパの良さに加え、「あえて泊まりたい!」と思うほど快適なカプセルホテルが登場しているのです。

今回は年間250日以上ホテル宿泊をしているホテル評論家・瀧澤信秋さんに、昨今のカプセルホテル進化の理由と、ホテルを知り尽くした瀧澤さんイチオシのカプセルホテルを聞きました。

瀧澤信秋(たきざわ のぶあき)

ホテル評論家 旅行作家。生活情報サイト「All About」ホテルガイド。ホテル情報専門サイト「Hotelers」編集長。ぐるなび「ippin」ホテルグルメオフィシャルキュレーター。一般社団法人JTWO日本旅行作家協会正会員。財団法人宿泊施設活性化機構(JALF)理事。

日本を代表するホテル評論家として、利用者目線やコストパフォーマンスを重視する取材を徹底。

あえて行きたい「進化系カプセルホテル」が急増中のワケ

瀧澤さんがホテル評論家として本格的な活動をはじめたのは2014年。1年で60軒近い都内のカプセルホテル全てに宿泊したそうです。(※女性専用施設を除く)

「まずカプセルホテルの定義について説明します。カプセルホテルは旅館業法で定められた「簡易宿所」のカテゴリーに当てはまります。「簡易宿所」は、広い部屋にベッドがあり共有で使うという前提のため、“カプセル”は部屋ではなく家具(ベッド)という扱いです。運営側としては参入が容易というメリットがあります。

かつてカプセルホテルは、『終電を逃したから仕方なく』という消極的な理由で利用されることがほとんどでした。私も古くから営業し低価格で泊まれる男性専用の“旧態型施設”を利用したことがありますが、カプセルホテルをまるで住居のように利用している長期滞在型の男性客ばかりでアウェイ感を味わいながら利用していました(苦笑)。

しかし近年は、女性からも『カプセルホテルを利用したい』という要望が増えています。その背景には女性の社会進出はもちろん、LCC(格安航空会社)などを利用した格安型の旅行スタイル増加により宿泊も多様化したことがあります。その結果、カプセルホテルの女性利用者が増え、かっこよくて綺麗な“進化系カプセルホテル”が登場してきました」

特に2015~2016年は訪日観光客の増加に伴い、カプセルホテルは急増したといいます。そのなかで、特に瀧澤さんが感動を覚えた都内のカプセルホテルを4つご紹介いただきました。

かゆいところに手が届きすぎる!「豪華カプセルホテル安心お宿」

f:id:tyo-press:20170309123643j:plain

「このホテル最大の魅力は、チェックインさえすればホテルに置いてある豊富なアメニティが無料ということです。ドリンク、各種身だしなみ用品や高級マッサージチェアまで追加料金なしで利用できます。店舗によってはコピー機まで完備されており、利用は全て宿泊料金に含まれています」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。