体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの日フラれるとわかっていたなら…時間、巻き戻したい? #近未来に恋をする

生活・趣味

ここ数日、なんとも形容しがたい悪夢にうなされている。

目覚ましが鳴る遥か前に目覚め、そこからなかなか寝つけなくなり、夜が朝に浸食されていく光景を毎日見届けた。

夢の内容は具体的には覚えていない。ただ、決していい夢ではないことだけは確かだった。

原因はおおよそわかっていた。

長い間一緒にいた彼氏と別れ、そのショックで会社を休んでみたらプロジェクトが見事に大ゴケするという、まさに”泣きっ面に蜂”な展開に襲われたからだ。

プロジェクトの立て直しには数日かかり、その間、彼の顔を思い出さずに済んだのは不幸中の幸いだった。

でもそんな幸いはこれっぽっちも望んでおらず、精神的にも肉体的にもダメージは大きく、そこから数日、眠るたびにイヤな夢を見た。

昨日の夢は、そのなかでは幾分マシな方だった。

可愛らしいネコが出てきて、私に腕時計をくれた。ネコは紳士的な口調で、「その時計の針を戻せば、そのぶんだけ現実の時間を遡ることができる」と言っていた。

28歳にして随分ファニーな夢を見るものだと、自ら苦笑した。そこまで追い込まれているのかと戸惑いもした。でも、目を覚まして背筋が凍った。

自分の腕に、夢で見たはずの時計が、しっかりと付けられていたのだ。

――そんなことがあったとする。この世界に、ひとつだけ恋を手助けする未来のテクノロジーが存在したとする。それを貴方が手にしたら、どんな恋をするだろう。

この連載では、ライター・カツセマサヒコが、ひたすらありもしない「もしも」を考えていく。

Chapter 1 時間は残酷だ

とても古びた時計だった。

でも、針はきちんと現在時刻を指していて、耳を近づけるとカタカタカタと機械が動く音がした。

見た目が古いという特徴以外は、なんの変哲もない時計。とても時を遡る代物には思えない。

しかしあのネコの声が脳内でこだまする。

「信じてみてください。貴方の悪夢も、この時計によって解消されるはずですから」

夢で見たはずのものが現実に存在している時点で、もう何を信じてよいかわからなくなる。

まだ時刻は5時前で、目覚まし時計が鳴るまでは2時間近くあった。どうせこのまま二度寝はできないのだろう。私は朝までの暇つぶしと考え、なかば諦め半分に時計の針をグルグルとまわし始めた。

20170313_katsusemasahiko_technology_1.jpg

動かしている間は、とくに何も起きなかった。しかし、ねじをまわす手を止めた瞬間、異様なことが起きた。

目の前の景色が超高速で巻き戻り、自分以外のすべてが、過去に戻っていく。

「ドラえもん」で見たタイムマシンは、異次元空間のようなところを進むものだったが、あの時計模様の異空間だったらまだ可愛らしい。こちらは、現実で起きた出来事が自分の意思とは無関係に超高速で遡るため、ちょっとしたパニックホラーの映画を見ているようなグロテスクさがある。

「時間は残酷だ」とはよく言うが、なるほど確かに、これは目も開けていられないほど残酷だった。

Chapter 2 それってもう、私じゃない

試しに30分巻き戻してみただけで、異様な疲労感に襲われた。ちょうど時差ボケのようなものだろうか。時間旅行は、その場にいるだけで体力を使うらしい。

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会