体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【医師監修】ベビーマッサージが赤ちゃんに与える嬉しい8つの効果

【医師監修】ベビーマッサージが赤ちゃんに与える嬉しい8つの効果
可愛い我が子とのスキンシップに、ベビーマッサージはいかがでしょうか。

大人でもマッサージをされると非常にリラックスできますが、赤ちゃんにはどのような効果があるのでしょう?

今回はそんなベビーマッサージについて、始める時期、ママと赤ちゃんにとってのそれぞれの効果、また注意点など、詳しく医師に解説していただきました。

ベビーマッサージとは?

【医師監修】ベビーマッサージが赤ちゃんに与える嬉しい8つの効果
ベビーマッサージとは、赤ちゃんの身体を優しくなでたり、さすったりすることでマッサージを行うものです。

直接、赤ちゃんの肌と、マッサージをするお父さん、お母さんなどの手が触れ合うことで、お互いにリラックスしたり、赤ちゃんに安心感を与えたり、心身の発達を促したりする効果があるのではないかと考えられています。

ベビーマッサージはいつから始める?

ベビーマッサージは、いろいろな考え方ややり方がありますが、一般的には開始時期としてはある程度お肌もしっかりしてくる生後2~3カ月以降が好ましいと考えられています。

もちろん、赤ちゃんの月齢や発達の状態に応じて、適切な強度のマッサージを行っていくことが大切ですね。

ベビーマッサージで準備するもの

【医師監修】ベビーマッサージが赤ちゃんに与える嬉しい8つの効果
赤ちゃんがご機嫌な時間を選んで行います。入浴後やお昼寝前などよいでしょう。

部屋を少し暖かくして、赤ちゃんを裸にすると、おしっこをすることがあるので、タオルを下に敷いておくとよいでしょう。 肌に優しい柔らかい大判のタオルがおすすめです。

また、お肌の滑りをよくするために、マッサージ用の刺激の少ないオイルを用意するとよいですね。

ベビーマッサージの方法

【医師監修】ベビーマッサージが赤ちゃんに与える嬉しい8つの効果

ベビーマッサージの方法は様々

非常にたくさんのベビーマッサージの方法があり、それぞれに賛否があるようです。

ベビーマッサージは医療行為ではないため、医学的に正しいやり方、害がないと証明されているやり方、というものはないようですが、たっぷりオイルを使って、身体の中心から遠い部分から始める、という方法が主流のようです。

医師おすすめのマッサージ方法

手足・お腹・胸・背中とくまなくマッサージします。特に順番などは決まっておらず、月齢が低く首が座っていない場合は、体の前面だけで行うようにし、強く圧迫せず、手の重みだけでなでる程度で十分です。

便秘がある場合、お腹を時計回りに円を描くようにマッサージすると効果的です。赤ちゃんと視線を合わせ、表情を見て「次はお腹をマッサージするよ」などと話しかけながら行っていきます。

関節を曲げ伸ばしするような動きを一緒に行ってもよいでしょう。終わったらミルクやお水で水分補給をします。

ベビーマッサージの効果(赤ちゃん編)

【医師監修】ベビーマッサージが赤ちゃんに与える嬉しい8つの効果

リラックス効果

マッサージをするお父さん、お母さんの手が赤ちゃんの身体に直接触れ、優しくなでるようにマッサージすることで赤ちゃんにリラックス効果を与えると考えられます。

筋肉の刺激

これから、座ったり、立ったり、歩いたりするのに必要な筋肉に対して、優しく刺激を与えることができます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。